アクチン結合タンパク質

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アクチン結合タンパク質(英:Actin-binding protein:ABP)は、アクチン単量体または重合体、あるいはその両方に結合するタンパク質である[1] 。

α-アクチニン、β-スペクトリンジストロフィンユートロフィン、およびフィンブリンを含む多くのアクチン結合タンパク質は、アクチン結合カルポニン相同ドメインを用いてアクチン結合する。

この記事ではアクチン結合タンパク質の一覧を示す。

0–9[編集]

  • 25kDa
  • 大動脈p185neu由来25kDa ABP
  • 30akDA 110 kDダイマーABP
  • 30bkDa 110 kD (ドレブリン)
  • 34kDA
  • 45kDa
  • p53
  • p58gag [2]
  • p116rip

A[編集]

B[編集]

C[編集]

D[編集]

E[編集]

F[編集]

G[編集]

H[編集]

I[編集]

J[編集]

K[編集]

L[編集]

M[編集]

N[編集]

O[編集]

  • OYE2

P[編集]

R[編集]

S[編集]

T[編集]

U[編集]

V[編集]

W[編集]

  • WIP
  • WASp

Y[編集]

Z[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Actin binding proteins: regulation of cytoskeletal microfilaments”. Physiol. Rev. 83 (2): 433–73. (April 2003). doi:10.1152/physrev.00026.2002. PMID 12663865. http://physrev.physiology.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=12663865. 
  2. ^ "p58gag" in The Encyclopaedia of Actin-Binding Proteins (and Drugs) Archived February 6, 2007, at the Wayback Machine., op. cit.
  3. ^ Chen, Hui-Jye; Lin CM; Lin CS; Perez-Olle R; Leung CL; Liem RKH (2006). “The role of microtubule actin cross-linking factor 1 (MACF1) in the Wnt signaling pathway”. Genes Dev 20 (14): 1933–45. doi:10.1101/gad.1411206. PMC: 1522081. PMID 16815997. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1522081/. 

外部リンク[編集]