アガフィヤ・スヴャトスラヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アガフィヤ・スヴャトスラヴナ
Агафья Святославна
Conradmazovia and Agafia.jpeg
アガフィヤとコンラト
ヤン・マテイコ

出生 1190/5年
死去 1247年1月31日以降
配偶者 マゾフシェ公コンラト1世
家名 リューリク家
父親 ヴォルィーニ公スヴャトスラフ
母親 ヤロスラヴナ
テンプレートを表示

アガフィヤ・スヴャトスラヴナ(スヴャトスラヴォヴナ)ロシア語: Агафья Святославна(Святославовна)ポーランド語: Agafia Światosławówna1190/5年 - 1247年1月31日以降)は、リューリク朝出身の女性であり、マゾフシェ公コンラト1世の妻となった人物である。

生涯[編集]

アガフィヤはヴォルィーニ公スヴャトスラフ(ru)チェルニゴフ公イーゴリの子)とその妻ヤロスラヴナ(オーヴルチ公キエフ大公リューリクの娘)との間に生まれた。1207年から1210年にかけてのいずれかの年に、コンラトと結婚し、ポーランドへ向かった。この時期に、アガフィヤの父スヴャトスラフはポーランド公クラクフ公レシェク1世と同盟を結んでおり、アガフィヤとコンラトとの婚儀は、ポーランドとの同盟をより強化しようという政治的意図の元になされたものであった。

アガフィヤの夫コンラトは、チュートン騎士団と懇意になることを求め、アガフィヤもまたこれを支援した。コンラトの希求はすぐに実を結び、1227年、アガフィヤとコンラトは、その宮廷にヘルマン・フォン・バルク(ru)を招いている。

アガフィヤはコンラトとの間に10人の子をなした[注 1]。アガフィヤの没年は不明であるが、コンラトの没した1247年1月31日には、アガフィヤはまだ存命だったことが知られている。

注釈[編集]

  1. ^ 具体的にはコンラト1世 (マゾフシェ公)#子女を参照されたし。

参考文献[編集]