アカテコ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アカテコ語
話される国 グアテマラ
話者数 5,572人(2001年)[1]
35,763人(2002年)[2]
48,500人(1998年)[3]
言語系統
マヤ語族
  • カンホバル・チュフ語群
    • カンホバル語群
      • アカテコ語
言語コード
ISO 639-3 knj
Linguist List knj Akateko
Glottolog west2635  Akateko[4]
消滅危険度評価
Vulnerable (UNESCO)
Status-unesco-vulnerable.svg
テンプレートを表示

アカテコ語(アカテコご、Akateko)は、グアテマラウェウェテナンゴ県アカタン一帯で話される言語。マヤ語族のカンホバル語群に属する。カンホバル語に近く、カンホバル語の西部方言とされることもある[注釈 1]。アカテコ語の話者は自分たちをカンホバル人と認識し、自分たちの言葉を同じカンホバル語群のチュフ語ポプティ語とは異なるが、カンホバル語は理解できると主張している[6]

アカテコ語は1970年代にテレンス・カウフマンによって独立した言語として初めて報告された[7]

概要[編集]

アカテコ語は、グアテマラのウェウェテナンゴ県サン・ミゲル・アカタン (San Miguel Acatán、サン・ラファエル・ラ・インデペンデンシア (San Rafael La Independencia、およびサン・セバスティアン・コアタン (San Sebastián Coatánのホオム村で話される。周辺をチュフ語ポプティ語、カンホバル語地域に囲まれている[1]

話者数は資料によって大幅に異なり、エスノローグは1998年のグアテマラの話者数を48,500人とするが[3]、リチャーズは2001年の話者数を5,572人としている[1]。グアテマラのほかにメキシコアメリカ合衆国にも少数の話者がある。ロサンゼルスだけで少なくとも1000人のサン・ミゲル・アカタン人がいるという[6]

音声[編集]

アカテコ語の母音はカンホバル語と異なって母音の長短の区別がある。長母音はマヤ祖語本来のものではなく、VC(Cは[χ]または[ʔ])から新たに生じたものである。たとえばカンホバル語の nojnaq [noχˈnaqˣ] "full" は、アカテコ語では [noːˈnaχ] になる。またチュフ語のkʼeʼen [kʼeʔn]「石」はアカテコ語では[tʃʼeːn]になる(カンホバル語では[tʃʼen][8][9]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ たとえばMultiTreeではポプティ語とアカテコ語をカンホバル語の方言とする[5]。関連文献のZavala (1992) も同様の扱いである。

出典[編集]

  1. ^ a b c Richards (2003) p.46
  2. ^ Censos Nacionales XI de Población y VI de Habitación 2002. Instituto Nacional de Estadística Guatemala. (2003). p. 34. https://www.ine.gob.gt/sistema/uploads/2014/02/20/jZqeGe1H9WdUDngYXkWt3GIhUUQCukcg.pdf 
  3. ^ a b Akateko of Qanjobal, MultiTree, http://www.multitree.org/codes/knj 
  4. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Akateko”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/west2635 
  5. ^ Qanjobal, MultiTree, http://www.multitree.org/codes/kjac 
  6. ^ a b Peñalosa (1987) p.281
  7. ^ Kaufman (2015) p.9
  8. ^ England and Baird (2017) p.179
  9. ^ Bennett (2016) p.471。ただしnojnaqのカンホバル語の発音を[noxnaχ]とする

参考文献[編集]

  • Bennett, Ryan (2016). “Mayan Phonology”. Language and Linguistic Compass (10): 469-514. https://people.ucsc.edu/~rbennett/resources/papers/pdfs/Bennett%20(2016)%20-%20Mayan%20phonology.pdf. 
  • England, Nora C.; Baird, Brandon O. (2017). “Phonology and Phonetics”. In Judith Aissen, Nora C. England, Roberto Zavala Maldonado. The Mayan Languages. Routledge. pp. 175-200. ISBN 9780415738026 
  • Kaufman, Terrence (2015), “Fifty years of comparative linguistics and language documentation in Meso-America”, Project for the Documentation of the Languages of Mesoamerica, Institute for Mesoamerican Studies, University at Albany, SUNY, https://www.albany.edu/ims/PDLMA_publications_new.html 
  • Peñalosa, Ferdinando (1987). “Major Syntactic Structures of Acatec (Dialect of San Miguel Acatán)”. International Journal of American Linguistics 53 (3): 281-310. JSTOR 1265187. 
  • Richards, Michael (2003). Atlas Lingüístico de Guatemala. Guatemala. https://www.url.edu.gt/publicacionesurl/FileCS.ashx?Id=40413 

関連文献[編集]

外部リンク[編集]

A Forgotten Language... The Akatek (Akateko) Language of the Mayan People - YouTube