アウグステ・カロリーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウグステ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル

アウグステ・カロリーネ・フォン・ブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテルAuguste Karoline von Braunschweig-Wolfenbüttel, 1764年12月3日 - 1788年9月27日)は、ヴュルテンベルク公子フリードリヒ、後のヴュルテンベルク王フリードリヒ1世の最初の妃。

生涯[編集]

ブラウンシュヴァイク公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントイギリス王女オーガスタの長女(第1子)として、ブラウンシュヴァイクで生まれた。イギリス王妃となったキャロライン・オブ・ブランズウィックは妹である。1780年、ヴュルテンベルク公フリードリヒ2世オイゲンの嫡子フリードリヒ・ヴィルヘルムと結婚、4子を生んだ。

結婚後すぐにフリードリヒは妻に対して暴力をふるうようになり、1786年12月に夫妻でロシア訪問の際、アウグステは女帝エカチェリーナ2世の私室へ避難したほどだった。エカチェリーナは、フリードリヒがロシア宮廷から去るよう求める手紙を書くよう指示した。これに、皇太子妃マリア・フョードロヴナ(フリードリヒの妹)が兄を援護し抗議した。エカチェリーナは『ヴュルテンベルク公子の不名誉を隠すのは私ではない』という素っ気ない返事を書いた。

アウグステの父は娘にまったく同情せず、娘の離婚の申し立てを拒絶した。この返答の為、エカチェリーナは帝国領であるローデ(現在のタリン近郊)にアウグステの住まいを提供してやった。アウグステはローデの城で、23歳の若さで死んだ。