アウェイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アウェイク
ドリーム・シアタースタジオ・アルバム
リリース
録音 1994年5月7月
One On One Studios (L.A.)
Devonshire Studios (L.A.)
ジャンル ヘヴィメタル
プログレッシヴ・メタル
時間
レーベル アメリカ合衆国の旗EastWest
日本の旗イーストウエスト・ジャパン
プロデュース John Purdell and Duane Baron
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
日本の旗7[1]オリコン
ドリーム・シアター 年表
ライヴ・アット・ザ・マーキー
(1993年)
アウェイク
(1994年)
ア・チェンジ・オブ・シーズンズ
(1995年)
ミュージックビデオ
「The Silent Man」 - YouTube
「Lie」 - YouTube
テンプレートを表示

アウェイク』(Awake)は、アメリカプログレッシヴ・メタルバンドドリーム・シアター1994年に発表したスタジオ・アルバム

概要[編集]

通算3作目のアルバムである。オリコンチャートの最高位は7位で、ドリーム・シアターのアルバムとして初めてトップ10入りを果たした[1]

4曲目から6曲目は、"A Mind Beside Itself"という一連の組曲で、トータルで約20分の長さである。この作品以後も、バンドはア・チェンジ・オブ・シーズンズなどで20分を超える曲を手がけている。「ザ・ミラー」と「ライ」は独立した曲だが、組曲のように連続して聞こえる編集がされている。

ケヴィン・ムーアが参加した最後のアルバムである。ムーアは1994年8月に脱退した[2]

ドリーム・シアターのオフィシャルブートレグ専門のレーベル「YtseJam Records」より、本作のデモ音源を収録したアルバム『Awake Demos 1994』が販売されている。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「シックス・オクロック」(6:00) Moore Dream Theater
2. 「コート・イン・ア・ウェブ」(Caught in a Web) LaBrie, Petrucci Dream Theater
3. 「イノセンス・フェイデッド」(Innocence Faded) Petrucci Dream Theater
4. 「エロトマニア」(A Mind Beside Itself: I. Erotomania) インストゥルメンタル Dream Theater
5. 「ヴォイシズ」(A Mind Beside Itself: II. Voices) Petrucci Dream Theater
6. 「ザ・サイレント・マン」(A Mind Beside Itself: III. The Silent Man) Petrucci Petrucci
7. 「ザ・ミラー」(The Mirror) Portnoy Dream Theater
8. 「ライ」(Lie) Moore Dream Theater
9. 「リフティング・シャドウズ・オフ・ア・ドリーム」(Lifting Shadows Off a Dream) Myung Dream Theater
10. 「スカード」(Scarred) Petrucci Dream Theater
11. 「スペース・ダイ・ヴェスト」(Space-Dye Vest) Moore Moore
合計時間:

Bonus Track (8cmCDシングル)[編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. 「イヴ」(Eve) インストゥルメンタル Dream Theater

備考[編集]

  • Bonus Track (8cmCDシングル)は、日本盤初回生産分に封入されていた。日本未発売のシングル「The Silent Man」に収録されていた曲である。

参加ミュージシャン[編集]

チャート順位[編集]

Billboard 200:

  • Awake - #32

UK Album Chart:

  • Awake - #65

オリコン:

  • 「アウェイク」 - #7[1]

参照[編集]

  1. ^ a b c アウェイク”. Oricon. 2010年6月6日閲覧。
  2. ^ アルバム日本盤の解説より