アインシュタインの定数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルベルト・アインシュタインが考え出した一般相対性理論重力場方程式 G_{\mu\nu}+\Lambda g_{\mu\nu}=\kappa T_{\mu\nu}\, における定数係数

  • 「カッパ」 \kappa :「アインシュタインの重力定数」(Einstein's constant of gravitation)と呼ばれる。その値は
\kappa=\frac{8\pi G}{c^4}=2.076\ 578\ 992\times 10^{-43}\,\mbox{m}^{-1}\cdot\mbox{kg}^{-1}\cdot\mbox{s}^2
となる。ここで、\pi円周率G万有引力定数(2014CODATA推奨値で6.67408(31)×10−11 m³/(s²・㎏))、c光速(同じく2014CODATA推奨値で2.99792458×108 m/s)である。また、c=1 とする単位系を用いて \kappa={8 \pi G} とする場合もある。
  • 「ラムダ」 \Lambda:「宇宙項」に現われる係数「宇宙定数」(cosmological constant)。

関連項目[編集]