アイリスチトセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイリスチトセ 株式会社
IRISCHITOSE.CO.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
980-0023
仙台市青葉区北目町1-13
設立 2001年9月
業種 その他製品
法人番号 1370001012147
事業内容 オフィス用家具、福祉用家具、教育施設用家具、ホテル用家具等の製造・販売
代表者 代表取締役社長 大山富生
資本金 5,000万円
外部リンク http://www.irischitose.co.jp/
テンプレートを表示

アイリスチトセ株式会社英語: IRISCHITOSE.CO.,Ltd.)は、日用品大手のアイリスオーヤマグループに属するオフィス家具メーカー。

概要[編集]

前身は大阪府東大阪市に本社を置いていた学習机・オフィス家具の老舗メーカー「チトセ」である[1]2001年7月に多額の負債を抱えて民事再生法を申し立てた。その後、アイリスオーヤマの支援を受けて再建、社名をアイリスチトセとし、本社も仙台市青葉区に移転した。営業所の本部は兵庫県三田市[2]

学習机が主力だったが赤字がかさんだため撤退、学校向けのスクールセット(椅子と机のセット)にシフトし、トップシェアとなった[3]

昭和中期は学習机(現在は製造していない)のチトセとして名を馳せた。現在も教育施設向けに強みを持っている(業界3位)のが特徴。また福祉施設向けにも進出しており、従来の事務用品と合わせて主力事業三本柱となっている。一般社団法人日本オフィス家具協会 (JOIFA) に加盟している。

沿革[編集]

  • 2001年
    • 7月 - 株式会社チトセが民事再生法を申請。
    • 9月 - アイリスチトセ株式会社設立。
    • 10月 - チトセより事業譲渡。
  • 2003年1月 - 店舗什器事業を開始。
  • 2005年5月 - 福祉家具事業に本格参入。
  • 2009年1月 - 店舗什器事業をアイリスオーヤマへ譲渡。

出典[編集]

  1. ^ 第十八話アイリスチトセの設立~損益マネジメントによる企業再生~”. アイリスオーヤマ. 2019年1月6日閲覧。
  2. ^ 国内外拠点”. アイリスチトセ. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ 三田村蕗子 『アイリスオーヤマ一目瞭然の経営術』 東洋経済新報社、2012年、23-24頁。

関連項目[編集]

  • ホウトク - 2010年にアイリスオーヤマの完全子会社となった愛知県小牧市の家具メーカー。

外部リンク[編集]