アイド・ラザー・ゴー・ブラインド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイド・ラザー・ゴー・ブラインド
エタ・ジェイムズシングル
初出アルバム『Tell Mama
A面 Tell Mama
B面 アイド・ラザー・ゴー・ブラインド
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 アラバマ州マッスル・ショールズ、フェイム・スタジオ
(1967年8月23日)[2]
ジャンル ソウル
時間
レーベル カデット・レコード
作詞・作曲 エリントン・ジョーダン、ビリー・フォスター、エタ・ジェイムズ
プロデュース リック・ホール
ミュージックビデオ
「I'd Rather Go Blind」 - YouTube
テンプレートを表示

アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」(I'd Rather Go Blind)は、エタ・ジェイムズ1967年に発表した楽曲。

シングルB面曲であったものの、数多くのミュージシャンにカバーされている。

概要[編集]

エタ・ジェイムズは、刑務所に収容されていた友人のエリントン・ジョーダンに面会した際、ジョーダンが作った「アイド・ラザー・ゴー・ブラインド」のあらましを聞かされた[3]。後日ジェイムズはジョーダンと本作品を完成させるが、税金対策上の理由により、ソングライターの名義はジョーダンと当時ジェイムズの恋人だったビリー・フォスター(のちに結婚)[4]の二人がクレジットされた。

1967年8月23日アラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオで録音された[2]クラレンス・カーターが書いた同年10月発売のシングル「Tell Mama」のB面に収録された[1]。「Tell Mama」はビルボード・Hot 100の23位[5]、ビルボードのR&Bチャートの10位を記録し順調にヒットした。その後、1968年8月21日発売のアルバム『Tell Mama』に収録された。

カバー・バージョン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 45cat - Etta James - Tell Mama / I'd Rather Go Blind - Cadet - USA - 5578
  2. ^ a b Cover versions of I'd Rather Go Blind by Etta James | SecondHandSongs
  3. ^ Etta James and David Ritz, Rage To Survive, 1995, 0-306-80812-9
  4. ^ Archived copy”. 2017年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月24日閲覧。
  5. ^ Music: Top 100 Songs | Billboard Hot 100 Chart | THE WEEK OF JANUARY 20, 1968
  6. ^ 45cat - Chicken Shack - I'd Rather Go Blind / Night Life - Blue Horizon - UK - 57-3153
  7. ^ Paul Weller - The Changingman (CD) at Discogs