アイザック・ランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アイザック・ランド(Isaac Rand、1674年1743年)はイギリスの薬剤師、植物学者である。チェルシー薬草園の設立初期に植物目録の出版などの仕事を担当した[1]

概要[編集]

薬剤師名誉協会(Worshipful Society of Apothecaries)の会員で1673年のチェルシー薬草園の設立にかかわったジェームズ・ランドの息子であったと考えられている[2]。1700年にはロンドンのヘイマーケットで薬局を営んでおり、イギリスの植物学者、レナード・プルークネットの著作に、タデ科スイバ属Rumex palustrisの発見者として言及されている。

1707年に植物収集家として知られる、ジェイムズ・ペティヴァーやジョセフ・ミラーと働き、1718年にペティヴァーが没した後、薬草園の学芸員(Demonstrator)に任じられ、その仕事を1738年まで続けた。1722年に博物学者で富豪のハンス・スローンが薬草園に隣接する土地を購入し、薬草園を支援するようになり、有名な園芸家のフィリップ・ミラーが薬草園で働くようになった。チェルシー薬草園の植物目録を王立協会紀要に定期的に発表し、1730年に"Index plantarum officinalium : quas ad materiae medicae scientiam promovendam in Horto Chelseiano ali ac demonstrati curavit Societas Pharmaceutica Londinensis."を出版した。

1739年に王立協会のフェローに選ばれた。アカネ科ミサオノキ属の学名、Randiaウィリアム・ヒューストンが、ランドに献名したもので、チェルシー薬草園を訪れたことのあるカール・フォン・リンネはその名を分類名に採用した。

Randは、植物の学名命名者を示す場合にアイザック・ランドを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

著作[編集]

Index plantarum officinalium ... in horto Chelseiano[3]
  • Index plantarum officinalium : quas ad materiae medicae scientiam promovendam in Horto Chelseiano ali ac demonstrati curavit Societas Pharmaceutica Londinensis. London, 1730
  • Horti Medici Chelseiani index compendiarius : exhibens nomina plantarum quas ad rei herbariae praecipue Materiae Medicae scientiam promovendam ali curavit Societas Pharmacopoeorum Londinensium. London, 1737

参考文献[編集]

  1. ^ Hunting, Penelope. “Isaac Rand and the Apothecaries' Physic Garden at Chelsea”. Garden History 30 (1 (Spring, 2002)): (abstract). doi:10.2307/1587324. "1674-1743" 
  2. ^ Henry Field and Robert Hunter Semple, Memoirs of the Botanic Garden at Chelsea (1878), p. 12.
  3. ^ Chelsea Physic Garden”. Garens of Knowledge: An Exhibit of Books About Botanical Gardens. University of Wisconsin. 2010年11月11日閲覧。