ふじみ分水の森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ふじみ分水の森富士見分水の森(ふじみぶんすいのもり)は、長野県富士見町にある広さ5ヘクタールほどの自然公園[1]宮内大臣などを務めた渡辺千秋別荘の跡地で、建物が解体された1975年以降は、雑木林となり[2]渡辺別荘地(わたなべべっそうち)[2]、ないし、旧渡辺別荘跡地(きゅうわたなべべっそうあとち)などと呼ばれていた[3][4]

2011年に富士見町が用地を取得して以降、公園としての整備が進められ、2012年4月に自然公園として開園した[1]

敷地内には、樹齢140年を超えるアカマツなど、針葉樹広葉樹混交林が広がっている[3]。また、マイヅルソウウスバサイシンなども自生している[4]

沿革[編集]

1907年渡辺千秋が当地に別荘「分水荘」を構えた[2][3]。富士見町内では最初の別荘であったとされる[4]

第二次世界大戦後には、詩人の尾崎喜八がこの別荘を借り受けて東京から移り住み[3]1946年から7年間を過ごした[1]

1975年、別荘の建物は解体された[2]

永く渡辺家によって維持されていたが、2008年1月17日に渡辺の曾孫にあたる人物からの相続税物納により、国有地となった[2][3]

2011年1月28日富士見町はこの土地を財務省から2億500万円で取得した[3]。以降、駐車場やトイレの設置、一部の樹木の伐採や遊歩道の整備が取り組まれ[5]2012年4月に自然公園として開園した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 文学に触れるプレミアム紅葉 ウォーキングコース”. 富士見町. 2015年9月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e 遊座武 (2009年12月5日). “渡辺別荘地跡、国から購入へ 富士見町、公園計画”. 朝日新聞・朝刊・長野東北信: p. 27  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ a b c d e f “旧渡辺別荘跡地取得へ締結 富士見町”. 長野日報. (2011年1月29日). http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=20383 2015年9月13日閲覧。 
  4. ^ a b c 渡辺別荘跡地公園整備計画 Nuvola-inspired File Icons for MediaWiki-fileicon-doc.png (DOC)”. 富士見町. 2015年9月13日閲覧。
  5. ^ “「ふじみ分水の森」4月開園へ 富士見町”. 長野日報. (2012年1月9日). http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=23738 2015年9月13日閲覧。 

座標: 北緯35度55分8.9秒 東経138度14分1.3秒 / 北緯35.919139度 東経138.233694度 / 35.919139; 138.233694