ぴよ将棋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ぴよ将棋
開発元 STUDIO-K
初版 2016年4月28日 (6年前) (2016-04-28)[1]
最新版
4.8.8[2] / 2021年12月26日 (4か月前) (2021-12-26)[2]
対応OS Android,macOS,iOS,他
サイズ Android-21MB
MacOS,iOS-56.3MB
対応言語 日本語,英語
サポート状況 サポート中
テンプレートを表示
ぴよ将棋w
URL studiok-i.net/ps/
タイプ AI対戦型将棋
運営者 STUDIO-K
設立者 STUDIO-K
収益 広告掲載型
開始 βテスト版公開 2019年07月17日[3]
正式版公開  2019年08月29日

ぴよ将棋(ぴよしょうぎ、Piyo Shogi)は、STUDIO-Kが提供する無料のAI対戦型将棋ゲームアプリ。又はそのWeb版サイト。

概要[編集]

システム設計・開発、スマホアプリ開発、システムコンサル、組込みシステム開発・販売を行ってきたSTUDIO-Kが開発を手掛けており、これがK-shogiに続き二つ目のAI対戦型将棋アプリである。無料のアプリでありながら[4]、棋譜分析機能やAIの攻め・守り方・四十段階の強さ、細かい持ち時間設定などがあり[5]、ライバルを想定した訓練や特定の分野を極めることができる。

使い方[編集]

アプリ(iOS)[編集]

対局開始[編集]

対局準備[編集]

先手と後手が指定可能。組み合わせは「コンピュータ vs コンピュータ」「コンピュータ vs プレイヤー」「プレイヤー vs コンピュータ」「プレイヤー vs プレイヤー」の四通り[注 1]。コンピュータのレベルは全部で四十あり、アマチュア15級から七段まで幅広く初心者も熟練者でもやり込める[6]。駒落ちも設定できる。

対局中[編集]

メニューから投了・中断する。棋譜を編集、保存、投稿できる。「待った」や「ヒント」などあまりほかの将棋ソフトにはない機能があり、初心者でも楽しく将棋ができる。広告は邪魔にならない。

棋譜ファイルを読み込む[編集]

.kif, .ki2, .kifu, .csaの棋譜ファイルであれば読み込み可能で、過去の履歴を辿って読み込むこともできる。同じくSTUDIO-Kが運営する棋譜検索サイトからファイルをアップロードすることもできる。クリップボードに張り付けたファイルをアップロードすることもできる。又、対局中の棋譜を拡張子を指定して保存・コピーし、セーブできる。

設定[編集]

駒音の種類(ピヨピヨ・パチーン・パチ)、音量、王手時に起きる効果(OFF・王手・ジャーン)などの細かい設定ができる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 「コンピュータ vs コンピュータ」は傍観用、「プレイヤー vs プレイヤー」は二人対戦用

出典[編集]

  1. ^ リリース履歴”. STUDIO-K. 2022年5月14日閲覧。
  2. ^ a b ぴよ将棋 [iOS版] #リリース履歴”. STUDIO-K. 2022年5月14日閲覧。
  3. ^ ぴよ将棋【公式】 on Twitter”. STUDIO-K. 2022年5月14日閲覧。
  4. ^ ぴよ将棋 - 多機能な将棋対局アプリ”. STUDIO-K. 2022年5月14日閲覧。
  5. ^ ぴよ将棋 Android版 - STUDIO-K”. STUDIO-K. 2022年5月14日閲覧。
  6. ^ ぴよ将棋 iOS版 - STUDIO-K”. STUDIO-K. 2022年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]