のむら清六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

のむら清六(のむら せいろく、1916年大正5年)1月11日 - 1995年平成7年)10月30日)は、日本画家日本画家

山梨県西八代郡下九一色村(現市川三郷町)に生まれる。旧姓は石原。1933年昭和8年)に上京して川端画学校夜間部で学ぶ。結婚後に野村姓となる。卒業後の1943年(昭和18年)に徴用され、戦後は1949年(昭和24年)から小説の挿絵などを手がける。1952年(昭和27年)から山梨日日新聞文化欄に挿絵や随筆を発表し、東京の画廊で個展も開催した。1975年(昭和50年)には第一回日仏現代美術展で大賞を受賞している。

同郷で俳人飯田蛇笏龍太親子とも親交があり、蛇笏の主催する俳誌『雲母』の表紙も手がけた。作品は山梨県立美術館に収蔵され、2000年には同館で「のむら清六 奔放・異端の日本画家」が開催された。

参考文献[編集]

  • 山梨県立美術館編『のむら清六 奔放・異端の日本画家』2000年