そして友よ、静かに死ね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
そして友よ、静かに死ね
Les Lyonnais
監督 オリヴィエ・マルシャル
脚本 オリヴィエ・マルシャル
エドガル・マリー
原作 エドモン・ヴィダル
『さくらんぼ、ひとつかみで』
製作 シリル・コルボー=ジュスタン
ジャン=バティスト・デュポン
製作総指揮 ダヴィ・ジョルダーノ
出演者 ジェラール・ランヴァン
チェッキー・カリョ
ダニエル・デュヴァル
音楽 エルワン・クルモルヴァン
撮影 ドゥニ・ルーダン
編集 ラファエーレ・ウルタン
製作会社 LGM Productions
ゴーモン
フランス2シネマ
Hatalom
Rhône-Alpes Cinéma
Nexus Factory
uFilm
uFund
Canal+
CinéCinéma
フランス・テレビジョン
13e Rue
Coficup
Backup Films
A Plus Image 2
Le Tax Shelter du Gouvernement Fédéral de Belgique
配給 フランスの旗 ゴーモン
ベルギーの旗 uDream
日本の旗 コムストック・グループ
公開 フランスの旗 2011年11月30日[1]
ベルギーの旗 2011年11月30日
日本の旗 2012年9月15日
上映時間 102分
製作国 フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
言語 フランス語
製作費 €15,000,000[1]
テンプレートを表示

そして友よ、静かに死ね』(そしてともよしずかにしね、Les Lyonnais)は2011年フランス犯罪映画。1970年代初頭に「リヨンの男たち」として名を馳せた実在の強盗団のメンバーだったエドモン・ヴィダルの半生を、ヴィダルの自叙伝『さくらんぼ、ひとつかみで』をベースに当時の事件とフィクションを織り交ぜて描いた作品である[2]

ストーリー[編集]

かつての伝説のギャング、エドモン(モモン)・ヴィダルは、今は足を洗い、愛する家族と平穏な暮らしをしている。そんなある日、幼い頃からの兄弟同然の親友で、かつての犯罪仲間だったセルジュが13年の逃亡の末に逮捕されたことを知ったモモンは、はじめのうちは家族の安全を考えて逡巡するものの、結局、セルジュの奪還計画に協力する。モモンらが警察の目を引きつけている間に別の仲間が強引にセルジュを連れ出すと、仲間とともに隠れ家にかくまう。しかし、セルジュはスペインの麻薬組織を裏切ったために命を狙われており、セルジュをかくまったモモンとその家族にも危険が迫る。そんな中、セルジュの娘でモモンが実の娘のように面倒をみていたリルが幼い息子ルカの目の前で射殺される。セルジュはモモンとともに実行犯で麻薬組織のボスであるゼルビブを射殺し、復讐を果たす。更に、ゼルビブがリルを殺害後にモモンらのかつての仲間ニックに電話をしていたことを知ったモモンは、かつてモモンらが捕まった時にニックだけがその場にいずに逮捕を免れていたことから、ニックが裏切って密告したとにらみ、スペインで麻薬取引をしているニックに会いに行く。するとニックは、自分は裏切っていないとしつつも、これまで何度も自分を裏切ったセルジュは死んで当然だと罵り、モモンに「いい加減に目を覚ませ」とセルジュの居場所を教えるように迫る。しかし、友情を重んじるモモンは耳を貸さず、自分の家族にも危害を加えようとするニックを殺害する。ところが、担当刑事ブロナーから、かつてモモンらが捕まったのがセルジュの密告によるものだったことを示す供述書を見せられ、更に当時の警察がセルジュと交わした「協定」の数々を聞かされたモモンは激しく動揺する。そしてブロナーはモモンに、ニックの殺害はゼルビブの一味による報復ということにして見逃す代わりにセルジュの居場所を教えろと迫る。セルジュとの数々の思い出が走馬灯のように駆け巡り、セルジュの裏切りが示唆される中、当時の判決でセルジュの量刑だけが軽かったことを思い出したモモンはようやくセルジュの裏切りを確信する。

セルジュに逃走用のパスポートを渡しに現れたモモンは、セルジュに弾丸が1つだけ入った拳銃を渡し、これまでの35年間の裏切りについて「仲間に恥じない落とし前を付けろ」と告げる。セルジュを残してその場を出て行ったモモンの前には警察が待ち構えていた。モモンをやり過ごした警官たちがセルジュ逮捕に突入しようとしたその時、中から銃声が響く。それをモモンは背中で聞く。

キャスト[編集]

現在[編集]

1970年代[編集]

トリビア[編集]

ヴィダルを演じたジェラール・ランヴァンは、本作の30年前にもテレビドラマでヴィダルを演じたことがある[3]

「リヨンの男たち」のメンバーの1人、ダニーを演じたリオネル・アスティエフランス語版とダニーの若年期を演じたシモン・アスティエフランス語版は実の親子である。

作品の評価[編集]

第37回セザール賞においてディミトリ・ストロージュフランス語版が有望男優賞にノミネートされた。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Les Lyonnais - film 2011” (フランス語). AlloCiné. 2014年1月2日閲覧。
  2. ^ そして友よ、静かに死ね”. WOWOW. 2013年5月29日閲覧。
  3. ^ INTRODUCTION”. 映画『そして友よ、静かに死ね』公式サイト. 2013年5月29日閲覧。

外部リンク[編集]