じゃりパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

じゃりパン(じゃりぱん)とは、宮崎県発祥の菓子パンである。

コッペパンに、ホイップクリームとグラニュー糖を混ぜた餡がサンドされている。グラニュー糖が固形のままであるため、噛んだときにジャリジャリとした食感があり、これが名前の由来となっている。

2007年には、コンビニエンスストアファミリーマートが開催した「そのまんま宮崎フェア」の一品として販売された。

料理漫画クッキングパパでも、宮崎在住の女性キャラクターの紹介という形で登場している。

1970年代頃までは鹿児島県の一部でも模倣品が作られていたが現在はすっかり廃れている。

参考文献[編集]