さよなら。いつかわかること

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
さよなら。いつかわかること
Grace Is Gone
監督 ジェームズ・C・ストラウス
脚本 ジェームズ・C・ストラウス
製作 ジョン・キューザック
グレイ・ロー
ガルト・ニーダーホッファー
セリーヌ・ラトレイ
ダニエラ・タップリン・ランドバーグ
製作総指揮 ポール・バーンスタイン
リーガン・シルバー
トッド・トレイナ
ジャイ・ステファン
出演者 ジョン・キューザック
音楽 クリント・イーストウッド
撮影 ジャン=ルイ・ボンポワン
編集 ジョー・クロッツ
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 ザナドゥー
公開 アメリカ合衆国の旗 2007年12月17日
日本の旗 2008年4月26日
上映時間 85分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,066,141[1]
テンプレートを表示

さよなら。いつかわかること』(原題: Grace Is Gone)は、2007年に公開されたアメリカ合衆国の映画。監督はジェームズ・C・ストラウスクリント・イーストウッドが音楽を担当している。

ストーリー[編集]

遠くイラクの地でアメリカのために戦っている母・グレースのことを、2人の娘たちはいつも想っていた。

夫であるスタンレーも同様に彼女の無事を祈っていたが、子どもたちとの関係はあまり良いと言えるものではなかった。

ある朝スタンレーが訪問者のためにドアを開けると、そこには妻の死を知らせる軍人の姿が……

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Grace Is Gone”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月25日閲覧。

外部リンク[編集]