こんぴら2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こんぴら2
Kompira2 JAPAN.jpg
明石海峡を航行するこんぴら2(2010年撮影)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 加藤汽船
運用者 ジャンボフェリー
建造所 林兼船渠
母港 神戸港
姉妹船 りつりん2
信号符字 JJ3664
IMO番号 8909408
MMSI番号 431000457
経歴
起工 1989年6月
竣工 1989年12月
要目
総トン数 3,664トン
全長 115.91m
型幅 20.00m
型深さ 11.60m
デッキ数 上甲板上4層(第1旅客甲板、第2旅客甲板、航海船橋甲板、羅針儀甲板)、上甲板下2層(車両甲板、タンク等)
機関方式 ディーゼル
主機関 過給機付4サイクル8シリンダ×2
推進器 固定ピッチプロペラ×2軸
出力 8,826キロワット(12,000PS)
航海速力 18.50ノット
旅客定員 475名
車両搭載数 8tトラック61台
テンプレートを表示

こんぴら2は、加藤汽船が所有しジャンボフェリーが運航するフェリー

概要[編集]

神戸港新港フェリーターミナル(兵庫県神戸市)と高松東港香川県高松市)を結ぶ航路に就航している。2003年まで加藤汽船が運航していたが、現在は僚船「りつりん2」とともにジャンボフェリー株式会社が運航している。林兼船渠の976番船として1989年に竣工し、先代の双胴船「こんぴら」に代わって神戸 - 高松航路に就いた。就航時の神戸港の発着場は東神戸フェリーセンターであったが、1999年3月より新港フェリーターミナル(新港第三突堤)になった。2000年に一部改造を受けている。

船内設備[編集]

船室[編集]

  • 和室 - 3階、カーペット敷大部屋、電源コンセント付、女性専用ルームあり
  • 洋室 - 2階、ソファーシートおよびリクライニングシート(うどん県シート)、全席電源コンセント付、女性専用ルームあり
  • 個室 - シングル、夜行便のみ利用可能、電源コンセントなし
  • 子供専用ルーム
  • ドライバーズルーム

設備[編集]

  • 展望デッキ -
  • 売店 - うどんコーナー
  • 浴室(男性用のみ)
  • シャワー室(女性用のみ)
  • ランドリー - 浴室脱衣場内に設置
  • 喫煙所
  • 授乳室

外部リンク[編集]