こうしす!こちら京姫鉄道広報部システム課

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

こうしす!こちら京姫鉄道広報部システム課』(こうしす!こちらきょうきてつどうこうほうぶしすてむか)は、人格のない社団であるオープンプロセスアニメプロジェクトジャパン(以下OPAP-JP)によって制作されている日本の自主制作アニメ作品である。

概要[編集]

兵庫県姫路市京都間を結ぶ架空の鉄道会社「京姫鉄道株式会社」[注釈 1]の広報部システム課に所属する会社員・祝園アカネ(ほうその・あかね)を主人公とし、企業における情報セキュリティの諸問題を主題にした「社内システムエンジニアの悲哀を描く技術系コメディ」[1]である。ニコニコ動画、およびYou tubeを発表の舞台としている。

制作元であるOPAP-JPは活動内容を「アニメーション作品だけでなく、知識の共有、制作用ソフトウェアの開発・公開なども行う」としており[2]、本作はCC-BY 4.0ライセンスを適用しそのすべてをフリー素材として二次利用を許諾している。

クラウドファンディングで資金を調達しながら無償・有償ボランティアの手により制作が進められており[3]、2021年04月現在第3話半ばまで公開されている。

あらすじ[編集]

こうしす! #1「XPだけどお金がないから使い続けても問題ないよね」[編集]

配信開始:2014年04月09日(Youtube、ニコニコ動画)

京姫鉄道株式会社ではサポート期限切れから1年以上を経過してなお、「ウィルス対策ソフトを使い続けていれば大丈夫」という経営陣の判断の下、Windows XPを利用し続けていた[注釈 2]

システム課課長である山家宏佳(やまが・ひろか)はそのような状況に警鐘を鳴らし続けていたが、上司であるCIO兼広報部長の中舟生は「まだ使える」「お金がない」を理由にOSのアップデートに対して首を縦に振らない。

しかし魔の手は既に忍びよっていた。

こうしす! #2「やはり弊社の業務システムは間違っている」[編集]

配信開始:2016年06月05日(Youtube)、2016年05月18日(ニコニコ動画)

WindiowsXPを使用し続けていたことに起因するトラブルの対処に成功した祝園アカネは、その解決にあたり独断行動をとった責任を問われ、研修名目で現業部門への異動を繰り返す日々を送っていた。

ついに子会社である「京鉄ITソリューションズ株式会社」への出向を命じられるアカネであったが、そこではシステム開発案件が大炎上の最中。プロジェクトマネージャーである課長の夢前さくら(ゆめまえ・さくら)も過労で倒れてしまう。

こうしす! #3「セキュリティに完璧を求めるのは間違っているだろうか」[編集]

第3話は複数パートに分割して公開されている

3.1
配信開始:2017年10月31日(Youtube、ニコニコ動画)
コンピューターウィルス感染ゼロ・情報セキュリティ事案ゼロ」を標榜する葛城取締役は「コンピューターウィルスに感染させた従業員は懲戒処分に処す」旨の通達を全社に向け発信する。
一方、広報部広報課に所属する英賀保芽依(めいが・みお)は自身が「世界一デジタル器機に嫌われている」人間であると自覚していた。
取締役からの通達もあり、先輩や上司(広報課課長)からも特に注意するようアドバイスを受ける[注釈 3]芽依は「二度とコンピューターウィルスに感染しない」ことを心に誓うが、直後に自身の端末がコンピュータウィルスに感染してしまう
3.2
配信開始:2019年09月06日(Youtube、ニコニコ動画)
本社に復帰することができた祝園アカネは退勤時刻を心待ちにしていたが、外部より「中途半端なデータの転送が繰り返されている」旨の通報を受け、システムトラブルの発生が判明する。
しかし社内各所に確認を行っても「トラブルは発生していない」と回答されるばかり。取締役の通達により処分をおそれた社員たちは、情報を共有しなくなってしまったのである。
そのような中、輸送指令所では更に深刻なトラブルが進行していた。

登場人物[編集]

広報部システム課[編集]

祝園アカネ(ほうその・あかね)
声 - えつむ
本作品の主人公。「そこそこの規模で、そこそこ財閥系で、労組の力が強くて、仕事の手を抜いてもクビにならなさそうだったから」京姫鉄道に入社する。
「初仕事はソファに転がる芋になるといった簡単なものがいい」と望んでいたが、入社初日からWindowsXPを利用し続けていたことに起因するトラブルの対処に追われる。
第2話では将来的にシステム課課長となることが示唆された。
情報処理安全確保支援士資格を保有。
JVNにおいて報告者として彼女の名が挙げられ[注釈 4]、謝辞が述べられている。[4][5][6]
垂水結菜(たるみ・ゆいな)
声 - 那々海ゆあ
アカネの先輩社員。「本業は鉄道ファン。副業として京姫鉄道に入社した」と公言し、「キハ命」と胸に書かれたTシャツを着るほどの鉄道オタクである。
第2話では「台本インジェクション攻撃」[注釈 5]により世界を改変、すべての種類の鉄道車両を運転できる免許を保有した。
第3話では広報部システム課所属であるにも関わらず上記の免許を活かし、「趣味で」運転士として乗務している。
山家宏佳(やまが・ひろか)
声 - 小豆戒斗
広報部システム課課長。京姫鉄道史上最年少の課長とされている。
情報処理安全確保支援士、中小企業診断士技術士他多数の資格を保有。
少佐(しょうさ)
声 - 芋
宏佳の同期。氏名が「少佐」とされているが、これが本名であるかは明らかにされていない。なお役職も同様に「少佐」(係長相当)である。
第1話では「トレッキー」と紹介された。
プログラマとしては「コーディングのギネス記録を持つ」とされるほど手が早く優秀であるが、「まるでGoToのアート」、「マシン語も操る」(いずれも第2話のモブの台詞より)といわれるほどメンテナンス性の低い、誰も解読のできないコードを書く。
システム課のメンバーで唯一、業務においてもLinuxを利用している。
中舟生 良文(なかふにゅう・よしふみ)
声 - ザンジバル斉藤(第1話のみ)、岡松丈(第2話以降)
CIO兼広報部部長。本人曰く「役員会では一番下っ端」。

広報部広報課[編集]

英賀保芽依(あがほ・めい)
声 - 桜瀬尋
「世界一デジタル器機に嫌われている」と自覚するほど電子機器との相性が悪い。
第1話では「ウィルスに感染したためウィルス対策ソフトをインストールせよ」という偽警告に騙されてマルウェアをダウンロードしてしまい、騒動の発端となる。
第3話では取締役の通達を受け「二度とコンピューターウィルスに感染しない」と心に誓うがその5分後にはウィルスに感染してしまう。

派生作品[編集]

上記アニメシリーズ以外に、商用シリーズ「こうしす!EE(Enterprise Edition)としてIT技術者向け情報サイト「@IT」にて「こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線」を2021年04月現在連載[7]している。

また、公開されているアニメシリーズ第3話をベースにシリーズ構成・脚本を手掛ける井二かけるがノベライズした「こうしす!社内SE 祝園アカネの情報セキュリティ事件簿」[8]が2020年に刊行された。

受賞歴[編集]

  • 第2回京都デジタルアミューズメントアワード 映画・映像・アニメーション部門賞[9]
    • 「オンラインで制作過程を無料公開するアニメーション制作の新しいプロセス構築」、「作品を通じた知的財産の社会還元性の高さ」を受賞理由とし、制作元であるOPAP-JP代表の井二かけるに贈られた

関連項目[編集]

大将軍駅(京姫鉄道株式会社本社兼京姫鉄道の駅として登場。現実ではモノレール駅であったが、作中では通常の鉄道駅とされている。)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 明治20年代に実在した、兵庫県姫路市から京都府南桑田郡亀岡町(現・亀岡市)を結ぶ路線を計画していた同名の鉄道会社とは関係がない。
  2. ^ Windows XPの延長サポートは2014年04月09日(日本時間)を以て満了し、更新プログラムの提供はすべて終了している。
  3. ^ ただし広報課課長は芽依の身を案じてではなく、管理責任を問われることに対する保身から芽依に対し注意している。
  4. ^ OPAP-JP代表である井二かけるがIPAに対し脆弱性関連情報の届け出を行った際、報告者として祝園アカネの名を使用したため。
  5. ^ 台本の台詞部分に"」"(閉じ括弧)が記載されていなかったことを利用し、台詞やト書きを書き込むことで物語世界を改変してしまう、というSQLインジェクション攻撃の原理をメタフィクションも用いながら説明する演出。

出典[編集]

  1. ^ 作品概要 | アニメ「こうしす!」公式サイト”. kosys.opap.jp. 2021年4月8日閲覧。
  2. ^ なぜアニメにした――XPを使い続ける鉄道会社でSEがてんやわんやな自主制作アニメ「こうしす!」公開” (日本語). ねとらぼ. 2021年4月8日閲覧。
  3. ^ 「ウイルス感染で懲戒処分」なんてセキュリティ対策はどうよ?…自主制作アニメ「こうしす!」最新作公開|まいどなニュース” (日本語). まいどなニュース. 2021年4月8日閲覧。
  4. ^ アカネちゃん、JVNに謝辞が載る” (日本語). @IT. 2021年4月9日閲覧。
  5. ^ PowerActPro Master Agent Windows版におけるアクセス制限不備の脆弱性”. 2021年4月9日閲覧。
  6. ^ JVN#63981842: PowerActPro Master Agent Windows版におけるアクセス制限不備の脆弱性”. jvn.jp. 2021年4月9日閲覧。
  7. ^ こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線” (日本語). @IT. 2021年4月8日閲覧。
  8. ^ Ibuta, Kakeru; 井二かける. (2020). Shanai esuī hōsono akane no jōhō sekyuriti jikenbo. Rumia Sōmiya, 草宮るみあ.. Tōkyō: Shōeisha. ISBN 978-4-7981-6269-0. OCLC 1140941553. https://www.worldcat.org/oclc/1140941553 
  9. ^ 京都府. “京都デジタルアミューズメントアワード” (日本語). 京都府. 2021年4月8日閲覧。

外部リンク[編集]