きみまち阪周辺の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

きみまち阪周辺の戦い(きみまちざかしゅうへんのたたかい)は、戊辰戦争のひとつ秋田戦争で、奥羽越列藩同盟に与した盛岡藩久保田藩を中心とする新政府軍と交戦した一連の戦いのうち、出羽国山本郡きみまち阪周辺で行われた戦闘である。なお、当時はきみまち阪という名前はなかった。

盛岡藩は大館城を攻略し、連戦連勝で久保田藩領を進軍していたが、この地区の戦いで初めて敗北した。

経緯[編集]

慶応4年8月22日(1868年10月7日)、大館城は盛岡藩によって攻略された。深夜、大館城の敗北の情報を受けて、久保田藩はただちに新たな部隊を編成し、その旨を奥羽鎮撫隊総督府の下参謀・大山格之助に通知した。総督府では、神宮寺滞在の参謀副役で佐賀藩隊長の田村乾太左衛門を大館口官軍総指揮官として、小城藩の援軍500名余りと、23日に船川港に来着した援兵800名を率いて赴任することを命じた。

23日、盛岡軍は休兵。24日になって一部の兵が前進を始める。大館城攻城戦に不参加・無傷だった部隊は、総大将である楢山佐渡の本隊、雪沢口から攻め込んだ部隊、大葛村から進入した部隊、後方警備の南部吉兵衛隊など多数あった。しかし、それら部隊を楢山は前進させなかった。雪沢口の足沢内記・三浦五郎左衛門は鬼ヶ城から追い出されて以来戦闘準備を行っており、大館城攻城戦に遅参していた。そのため楢山から叱責を受け、大館北方にある白沢村の警備を命じられる。これは、動静が不明だった弘前藩への備えだったと考えられている。大館から出発した盛岡軍は、本道は楢山隊で綴子村に向い、祐橘隊は板戸村から鷹巣村をめざした。25日、楢山隊は綴子村に到着した。

同じく25日、神宮寺から総督府に出庁した田村は北部方面の総指揮官の命を受け、土崎にいた小城藩監軍藤本恒作・大隊長の田尻宮内と会見する。田尻は田村より官位が高かったが、「軍中の時は平時と異なる」として田村の指揮下に入ることに同意した。田村はその後、直属の部下である生野小十郎を先遣させ、早籠で荷上場村に向かった。荷上場村は、難所であるきみまち阪を目前に控えた宿場町である。

25日、盛岡軍は坊沢村まで進軍した。26日に前山村を経て今泉村まで進軍したが、ここで久保田軍の激しい抵抗に遭い、いったん占領した今泉村に火をつけて前山村まで下がった。ここで田村が派遣した生野小十郎が前線に到着し、盛岡軍の様子を調査した。大砲道の切り開きなど盛岡軍では攻撃準備が整っていることを把握した生野は、対抗措置として川原に台場を作らせた。それに対し盛岡軍は、夜の間に薬師森を中心に重厚な陣を構えた。

26日、間道から進軍した盛岡軍は大沢村を占領。さらにそこからきみまち阪方面へ攻め込もうとした。正午頃、新政府軍の佐賀藩斥候隊5名が荷上場村に到着し、大館城代の佐竹義遵(大和)と面会した。大和はこの5名に対し、土地の者を案内につけた上で状況偵察に出発させた。大沢村を占領した100名あまりの盛岡兵と遭遇した斥候隊は、わずか5名ながら新式銃で圧倒し、盛岡兵の進路を阻んだ。盛岡兵は一部が敵の側面に移動して攻撃しようとしたため、久保田軍は久保田藩士の二階堂鴻之進と共に茱萸岱(現在の茱萸木・ぐみのき)へ兵を退き警備を行った。盛岡軍は大沢村に放火して様子をうかがった。

27日明け方、田村と先鋒隊は荷上場村に到着。朝食中に小繋本道を盛岡軍が進行中という報告を聞くと、食事を中断して「小繋山は本道の要衝である。この得失は勝敗のかかわるところである」と兵卒を鼓舞して進軍した。盛岡軍は薬師山(現在の薬師山スキー場付近)や高津森を占領していた。そこへ小林隼人率いる小隊や佐賀藩兵が協力奮戦して、山上の敵を追い落とした。根本源三郎は高津森で苦戦したが、高陣馬の山頂から根本順助・根本幾之助らの部隊が援護射撃をした。

ここで、新政府軍に今までにない破壊力と速射できる大砲が現れ、盛岡軍の兵はばたばたと斃れていった。隊長の石亀左馬司は驚き、慌てて兵を散らした。さらに石亀の兵が「錦旗が見える」と報告した。また「杏葉鍋島紋」(佐賀藩主の家紋)も確認した。その状況を見て楢山佐渡は参謀と相談し、地形的に有利な前山村まで撤退してそこで決戦を行おうとした。

28日、大沢村の盛岡兵は茱萸岱を攻撃しようとするも果たせず、山道を越えて今泉村で一時休憩して撤退していった。この日も小繋村の山を占領した盛岡兵は新政府軍からの砲撃を受けて、名だたる勇士を失い撤退した。荷上場村にはこの日、援軍が相次いで到着した。荷上場村はにわかに大兵集屯地となり、士気が大いに盛り上がった。田村は軍義を開き、翌日の総攻撃の取り決めを行った。軍義では明日午前4時に支度をして、午前6時から小繋本道、大沢口間道、米内沢口の3方向から攻め込むことを決定した。

29日早朝は霧が深く、数歩先も見えない天候であった。大沢口の間道は盛岡軍の進軍を防ぐために杉の巨木が切り倒されており、それが障害物となって進軍を妨げた。また、盛岡兵も巨木を切り倒していた。

本道では前山村で朝食中の盛岡軍を攻撃し、盛岡軍はなすすべ無く大砲2門と小銃3挺を残し陣地を撤退していった。坊沢村に進撃した久保田軍であったが、坊沢村の傍らの山陰から伏兵が現れ、佐賀大砲隊の隊長である村山又兵衛は被弾して斃れた。久保田軍の鉄砲隊は米代川沿いに進んだが、田圃の中から盛岡兵の銃撃を受けた。このように被害も大きかったが、盛岡兵を次第に坊沢村へ追い詰めていった。

大沢村からの間道を進んでいた部隊は、進軍に難儀をしたが坊沢村の背後に出ることに成功し、そこから盛岡軍を攻撃した。坊沢村の盛岡軍は本道、米代川筋、背後という3方面からの攻撃に耐えきれず敗走した。坊沢で昼食を取った久保田軍は、勝ちに乗じてさらに進軍し綴子村の盛岡軍を攻撃する。盛岡軍も必死に反撃するが、夕闇の頃になって綴子村に火をつけ総撤退した[1]。久保田軍は、山野に逃げ隠れていた村人を呼び戻し消火にあたらせ、全軍が綴子村に宿陣した。

大沢村での戦闘の話題[編集]

盛岡軍の最高到達地点である大沢村では、幾つかの言い伝えが残されている。

羽州街道の間道として大沢村、二の又(にのまた)、田子ヶ沢(たごかさわ)、綴子(つづれこ)村のルートがあった。このルートを久保田軍は道の両側にあった杉の巨木を切り倒すことによって封鎖していた。ところが、盛岡軍は獣道に近い滝の沢を通るルートを越え、26日に大沢村に迫った。

久保田藩の二階堂鴻之進は農民を指揮して、山崎の高台(現在は削られてしまい消失)に陣を構え、鉄砲で狙い撃ちしようとした。そこへ盛岡兵が迫ってきた。農兵には敵が200mに近づくまで発砲してはいけないという命令が出されていたが、極度の緊張に晒された農兵は、500mの距離で発砲してしまった。盛岡兵はそれを聞き北方のさらなる高台に移動したため、敵わないと判断した農兵は全員蜘蛛の子を散らすように逃げ去った。この戦闘では農兵の被害者の記録は残っていない。28日には、この部隊と茱萸岱の部隊との戦闘が川を挟んで行われた。川原は死体でいっぱいだったという。残った盛岡兵は別の山道を通って撤退していった。

滝の沢を侵攻した盛岡軍の中に、なぜか女性が6、7人群れになって歩いていた。その中の一人が顔を下げっぱなしで、泣きながら弱々しく従って歩いている様子が目撃されている。その女の胸には赤子が抱かれていたが、女は時々思い出したように号泣していた。なぜ攻撃隊の隊列に赤子がいる女性まで加わっていたのか。そして、なぜ赤子が殺されなければならなかったのか、その事情は謎として語り継がれている。

27日午前8時ごろ、軍列から離れた兵士が旅人を装って滝の沢の農家を尋ねた。兵士は食事を農民に頼んだが、農民は兵士だということを見抜き、食事を与えながら隙をさぐり、背後から右手を棒で殴り兵士を取り押さえた。兵士は鷹巣で処刑されたが、左手で実に達筆な書をかいた。数年後、その兵士の家族がやってきて刑場に花を添えた。兵士は名のある神主だっという。兵士を取り押さえた農民は後に十手を与えられた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ このとき、坊沢村神明社の司官であった嶺脇家の屋敷は焼失を免れている。これは当時の神職であった大徳院知元坊(嶺脇徳英)が南部藩の隊長と、南部藩遊学時代の友人であったため、隊長の命により放火を免れたとされている。(『坊沢郷土誌』坊沢郷土誌編纂委員会、1961年、p.140)

参考文献[編集]

  • 二ツ井町史稿 No.19 戊辰戦争と二ツ井、二ツ井町教育委員会