おいり (鳥取県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

おいり鳥取県東部(因幡地方)で作られ、ひな祭りの際によく食される家庭料理

製法[編集]

  • 干したを炒り、水飴を絡めて丸めたお菓子である。玄米で作られているもの、ポン菓子で作られているもの、メリケン粉で作られているものなど、さまざまな種類がある。製造過程で米を炒っているところから「おいり」と名付けられたとされる。材料・製法とも雛あられに似ているが、おいりは雛あられと違って、水飴で固められているし、色も雛あられのように着色されてはいない。
  • 以前は、残したご飯がもったいないからと、洗って干した飯を使って、各家庭で作ったお菓子だった。家によってはかき餅を入れるなどして、それぞれの家庭だけの独自のおいりが作られていた。

ひな祭りとおいり[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

鳥取県東部で、ひな祭りの時においりを食べる習慣やおいりの作り方について紹介されている。