雛あられ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ひなあられ
名古屋のひなあられ

雛霰(ひなあられ)とは、桃の節句3月3日)である雛祭りに供えられる節句菓子であり、和菓子あられ)の一種。

菓子に付けられる白色は雪、緑色は木々の芽、桃色は生命を表している。

地域によっては、あられではなくおせんべいを食べるところもある。京都には色砂糖を衣掛けした豆菓子や、きれいな模様柄の飴も存在する。


北海道

北海道ではひなあられという名称でかりんとうがメジャーである。かりんとうなので味は甘い。

形は丸で、パプリカ色素で着色する。


東北

岩手県ではきりせんしょがあり、花の形をした白い饅頭に、ピンクや緑で色をつけたお菓子。なかには、胡桃のタレが入っているものもある。

関東[編集]

うるち米の乾飯(炊くか蒸した後に十分乾燥させたもの)やを炒ったものに砂糖がけして甘味を付けている。桃色・緑色などの色を付ける場合、あられに着色するか、色付きの砂糖をあられにかける。

東海[編集]

名古屋圏の雛あられには、円柱形のものと丸いものがあり、甘い味付けとされている。またマヨネーズ味という独自の味のついたあられが入っているものもある。

関西[編集]

関西では、一般的なまたは醤油味のもち米を原料としたあられを、1センチ程度の丸い形状にして作っている。 桃色は海老、緑色は青海苔などを使う。着色料を使ったものもある。チョコレートをコーティングしたものが混ざっているものも見られる。


九州

長崎県には「桃カステラ」がある。

カステラの上に砂糖で桃を描いたかわいらしお菓子。枝や葉も丁寧に表現されており、とても凝っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]