雛あられ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひなあられ
名古屋のひなあられ

雛霰(ひなあられ)とは、桃の節句3月3日)である雛祭りに供えられる節句菓子であり、和菓子あられ)の一種。

菓子に付けられる白色は雪、緑色は木々の芽、桃色は生命を表している。

関東[編集]

うるち米の乾飯(炊くか蒸した後に十分乾燥させたもの)やを炒ったものに砂糖がけして甘味を付けている。桃色・緑色などの色を付ける場合、あられに着色するか、色付きの砂糖をあられにかける。

東海[編集]

名古屋圏の雛あられには、円柱形のものと丸いものがあり、甘い味付けとされている。

関西[編集]

関西では、一般的なまたは醤油味のもち米を原料としたあられを、1センチ程度の丸い形状にして作っている。 桃色は海老、緑色は青海苔などを使う。着色料を使ったものもある。

関連項目[編集]