あんず油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
透明なガラス製バイアルに入れられたあんず油

あんず油(あんずゆ、: Apricot oil)は、アンズの種子の仁(杏仁)から搾られる油脂である。

杏仁の油脂含量は40-50%で、性質は、やはり果実の種子の仁から抽出されるアーモンド油モモ油と類似している。

あんず油とアーモンド油は、皮膚を柔らかくするため化粧品に用いられる[1]

油粕は、無色の結晶性配糖体であるアミグダリンを含む精油を抽出するためにも用いられる。

成分は主に、どちらも不飽和脂肪酸であるオレイン酸リノレン酸である。

出典[編集]

  1. ^ Mrs. M. Grieve. “A Modern Herbal”. Botanical.com. 2008年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月20日閲覧。