あやつり人形 (カードゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
あやつり人形

あやつり人形(あやつりにんぎょう、独:Ohne Furcht und Adel、仏:Citadelles)は、ドイツのカードゲーム。2人以上7人以下で遊ぶ。

プレイヤーの職業が毎回変化する点と、職業ごとに順番が決まるので、座席順にプレイするわけではない点に特徴がある。

あやつり人形は、ブルーノ・ファイドゥッティ英語版 が制作した。2000年ドイツゲーム大賞の6位を受賞、ドイツ年間ゲーム大賞には最終ノミネート[1]国際ゲーマーズ賞ドイツ語版2001にもノミネートされた[2]

エキスパンションで職業と建物が追加されているが、日本語版ではこれらも同梱されている[3]

基本ルール[編集]

初めに職業を選択する。 スタートプレイヤーから順に、職業カードから1枚を選択して、残りを左隣のプレイヤーに渡す。 全員の職業が決定すると、以下の職業の上から順番に手番を実行していく。

  1. 暗殺者(指定した職業のプレイヤーを行動不能にできる。)
  2. 盗賊(指定した職業のプレイヤーの所持金をすべて奪える。)
  3. 奇術師(誰か一人もしくは山札と手札を交換できる。)
  4. 王様(次回のスタートプレイヤーになれる。)
  5. 司教(将軍に建物を壊されない。)
  6. 商人(お金を余分に取得できる。)
  7. 建築家(建物を余分に建築できる。)
  8. 将軍(他プレイヤーの建物を壊せる。)

自分の手番が来ると、以下の行動ができる。職業に対応する色の建物を建築していた場合、さらにボーナスがもらえる場合もある。

  • お金を補充するか、建物カードを補充する
  • 必要なコストを支払って、建物カードを場に出す(建築する)。
  • 職業ごとの特殊能力を使う。

規定の枚数、建物カードを場に出したプレイヤーが出たラウンドで、ゲームは終了する。ゲーム終了時に建築カードによるポイントやボーナスポイントから各プレイヤーのポイントを求め、最もポイントが高いプレイヤーが勝者となる。

脚注[編集]

  1. ^ Ausgezeichnete Spiele 2000”. Spiel des Jahres. 2013年5月12日閲覧。
  2. ^ 2001 Nominees”. International Gamers Award. 2013年5月12日閲覧。
  3. ^ あやつり人形 完全日本語版(CITADELS)”. アークライト. 2013年5月12日閲覧。

外部リンク[編集]

作者のサイト(英語)(フランス語)