あきすとぜねこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

あきすとぜねこは、日本昭和時代に流行した占い、または言葉遊びの一種[1]。特に小学生の女子の間で流行していた[2]。カタカナで「アキストゼネコ」と表記されることもある[1]

占う対象の男女2人の名前を数字に変換し、それを「あ」(愛してる)「き」(嫌い)「す」(好き)「と」(友達)「ぜ」(絶交)「ね」(熱愛中)「こ」(恋人)に当てはめ、互いが互いをどう想っているかを占うもの。ルーツはヘブライ数秘術の一つ「ジェムトリカ」といわれる[3]

1960年代に若者たちの間で流行した後[4]1980年代には当時人気を博した男性アイドルグループ光GENJIがビデオのタイトルに用いるなど、各作品に用いるコンセプトで販促を行なったことでブームが再燃し、日本全国の女子学生たちの間で大流行に至った[4][5][6]

手順[編集]

# 百科 三郎 事典 花美
1 じ(し)
2 hi ya tu ka sa hu ro u ji(si) te n ha na mi
3 2 1 3 1 1 3 5 3 2 4 1 1 1 2
4 3 3 5 3 4
5 14 4
  1. 名前を仮名で表記する。
  2. それぞれの字をローマ字に変える。
  3. それぞれの母音を(a=1,i=2,u=3,e=4,o=5,n=1)に変換する。たとえば「ひ」の母音は「い」なので「2」となる。「ん」は「1」とする。
  4. 男女の共通する数字を消す。例では、男女双方に「1」「2」があるので、それらをすべて消す。
  5. 残った数字を、男女それぞれで合計する。例では、百科三郎は3 + 3 + 5 + 3 = 14、事典花美は4となる。
  6. それぞれの数字を「あ(1)き(2)す(3)と(4)ぜ(5)ね(6)こ(7)あ(8)き(9)す(10)……」と数える。例では、百科三郎の14は「こ」、事典花美の4は「と」。
  7. 「あ」は「愛してる」、「き」は「嫌い」、「す」は「好き」、「と」は「友達」、「ぜ」は「絶交」、「ね」は「熱愛中(または熱中[2]、熱烈[4])」、「こ」は「恋人」の略。結果として、「百科三郎は事典花美を恋人と思っているが、事典花美は百科三郎を友達と思っている」となる。
  8. また、3の時点で数字がすべて消えた場合、4の時点で結果の文字に変換できないが、この場合は「運命の人」を意味しているともいう[6]

上記は一例であり、以下のようなバリエーションもある。

  • 合計値が複数桁になった際は、各桁の数字を合計して1桁になるまで計算する[3][6]。例では、百科三郎は 1 + 4 = 5 で、「絶交」。
  • 2人の数字の合計値が2人の相性を表す[3][5]。例では 14 + 4 = 18 で、相性は「友達」。
  • 数字を消す際、「2」は百科三郎に1個しかないので、事典花美からは「2」を1個だけ消し、もう1個の「2」は残す[3]。結果、事典花美は 4 + 2 = 6 で「熱烈」。
  • 2人の名前を数字化した後、2人を縦に並べ、縦か斜めに同じ数字があれば消す[3]
  • 地域によっては「あきすとぜねけ」ともいい、7番目の「け」は「結婚」の意味という[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]