Wikipedia:外来語表記法/英語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

この文書は、英語由来の外来語について、表記を決めるための参考資料を提示するものです。特定の表記を強制するものではありません。この文書を利用する際には、Wikipedia:外来語表記法も参照してください。

基本原則[編集]

  • 英語由来の外来語は、片仮名書きを原則とする。必要に応じてラテン文字表記(アルファベット表記)を括弧書きする。
  • 英語での発音を重視するが、慣用も尊重する。
    • glove - 発音はグラヴ/グラブだが慣用はグローブ
  • 表記によって意味が大きく変わる場合は、慣用の通り別々の表記を用いる。例:
    • stick - スティック(棒)、ステッキ(杖)
    • truck - トラック(貨物自動車)、トロッコ(荷車)
    • glass - ガラス(素材としてのガラス)、グラス(ガラス製の飲物用食器)
    • ink - インク(一般)、インキ(印刷用語)
  • 地域によってラテン文字表記や発音に違いがある場合は次のようにする。
    • イギリスに関連の強い単語についてはイギリスで使われている綴り・発音を採用する。
    • アメリカ合衆国に関連の強い単語はアメリカ合衆国で使われている綴り・発音を採用する。
    • 他の英語圏諸国に関連の強い単語も同様に、その国で標準とされる綴り・発音を採用する。
  • (工業製品・企業サービスなど)日本語での商標登録、(文芸・映画など)日本語タイトル、(会社・団体など)日本法人の商号がある場合は、それに従うのが原則となっている。

人名[編集]

  • 英語圏での慣習にあわせて「名・姓」の順に記載する。ミドルネームは省略するのが慣例となっている。
  • 名と姓の間は「・(全角中黒)」で区切る。

綴り別細則[編集]

見出しの書式は次の通り。

  • 語頭の綴りは re-、in- の様に後ろにハイフンをつける。
  • 語尾の綴りは -er、-ry の様に前にハイフンをつける。
  • その他の場合は、どちらもつけない。
  • 英語は綴りと発音の乖離が激しい。そこで[ ]内に見出しが意図する発音をIPAで表した。

括弧書き文については次の通り。

  • 一般 - 内閣告示『外来語の表記』に準じたもの。一般にマスコミ等の表記で使われているもの。
  • 発音 - 発音を重視して表記したもの。
  • 慣用 - 慣用的に使われているもの。 内閣告示『外来語の表記』で慣用としているもの。
  • ○○学会 - その学会の学術用語集で採用しているもの。
  • JIS規格 - JIS規格書で採用しているもの。
  • 記者ハンドブック - 共同通信社『記者ハンドブック』で採用しているもの。

リンクは、現在でのウィキペディア日本語版での状況をわかりやすくするために、記事名に採用されているもののみにつけた。

撥音[編集]

撥音は「ン」を用いる。

  • comma - コンマ(英音)、カンマ(米音)
  • lamp - ランプ

促音[編集]

英語には音素としては存在しないが、実際にはそのように聞こえる、または発音されるものについて、促音は小書きの「ッ」を用いる。

  • cup - カップ
  • shutter - シャッター
  • Hepburn - ヘップバーン、ヘプバーン。ヘボン式ローマ字の考案者はヘボン(慣用)。

拗音[編集]

英語には音素としてヤ行拗音は存在しないが、実際にはそのように聞こえるものについて、小書きの「ャ」等を用いる。

  • cat - キャット
  • guarantee - ギャランティー

長音(長母音、二重母音)[編集]

原音がエイ[eɪ ]・オウ[oʊ]のものについては、以前はエー・オーと書かれていた。しかし、近年になって日本語として取り入れられた語は原音どおり、エイ・オウと表記される傾向にある。

  • owner - オーナー
  • own goal - オウンゴール
  • straight - ストレート(一般)、ストレイト(発音)
  • boring - ボーリング
  • bowling - ボウリング
  • make up - メーキャップ(慣用)、メイクアップ(発音)
  • play - プレー、プレイ
  • essay - エッセー、エッセイ
  • save - セーブ

-er, -ar, -or については、一般的に「ー」をつける。最近では『文部省学術用語集・電気工学編』(電気学会編)のように「ー」を省略して原音に近づける動きがある。コンピュータ用語ではJIS規格書の情報処理用語のように省略するのが一般的になっている。

  • over - オーバー
  • slippers - スリッパ
  • cover - カバー(一般、電気学会)
  • motor - モーター(一般)、モータ(電気学会)
  • shower - シャワー
  • laser - レーザー(一般、分光学会)、レーザ(電気学会)
  • hacker - ハッカー(一般、JIS規格)
  • computer - コンピューター(一般)、コンピュータ(電気学会、JIS規格)
  • engineer - エンジニア

-*y(*は子音字)については、一般的に「ー」をつける。JIS規格の情報処理用語では「ー」を省略しているが、『文部省学術用語集・電気工学編』(電気学会編)では原則として省略していない。

  • floppy disk - フロッピーディスク
  • catenary - カテナリー(一般)、カテナリ(電気工学)
  • party - パーティー(一般)、パーティ(発音)
  • fuzzy - ファジー(一般)、ファジィ
  • Terry - テリー(一般)、テリ(記者ハンドブック)
  • Henry - ヘンリー
  • energy - エネルギー(慣用)
  • memory - メモリー(一般)、メモリ(JIS規格)
  • candy - キャンディー(一般)、キャンディ(発音)、キャンデー(慣用)

ヤとア[編集]

イ列やエ列の次にくるア音は「ア」と表記することが内閣告示『外来語の表記』の原則。「ヤ」と表記する慣用もある。

  • piano - ピアノ(一般)、ピヤノ
  • diamond - ダイアモンド、ダイヤモンド(慣用)
  • dial - ダイヤル(一般)
  • tyre(英), tire(米) - タイア、タイヤ(一般)
  • hearing - ヒアリング(一般)、ヒヤリング
  • earring - イヤリング(一般)
  • California - カリフォルニア
  • Malaysia - マレーシア

b [b][編集]

バ行(バビブベボ)を用い、ヴ行(ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ)は誤りなので使わない。

  • debut - デビュー(×デヴュー)

ch [ʧ][編集]

  • chain - チェーン(一般)、チェイン(発音)
  • chess - チェス

de [de][編集]

一般的にはデ。

  • design - デザイン

di, dy [di][編集]

一般にはディだがデ・ジ(ヂ)とする慣用もある。

  • building - ビルディング(一般)、ビルヂング(慣用)
  • Kennedy - ケネディ
  • Edison - エジソン
  • disc, disk - ディスク
  • digital - デジタル(一般)、ディジタル(発音)

du [dju][編集]

一般にデュだが、ジュとする慣用もある。

  • duet - デュエット
  • deuce - デュース(一般)、ジュース(慣用)
  • duralumin - ジュラルミン

f, ph [f][編集]

f音はファ・フィ・フ・フェ・フォを使う。フュも使う場合もある。

  • file - ファイル
  • profile - プロファイル(発音)、プロフィール(慣用←フランス語音)
  • fan - ファン(発音)、フアン(慣用)
  • film - フィルム(発音)、フイルム(慣用)
  • feet - フィート
  • felt - フェルト(発音)、フエルト(慣用)
  • fork - フォーク
  • telephone - テレフォン(発音)、テレホン(慣用)
  • cellophane - セロファン(発音)、セロハン(慣用)
  • platform - プラットフォーム(発音)、プラットホーム(慣用)
  • fuse(英米), fuze(米) - ヒューズ(慣用)、フューズ(発音)

ge [ʤe][編集]

  • digest - ディジェスト、ダイジェスト
  • gelatin - ジェラティン(発音)、ゼラチン(慣用)
  • Los Angeles - ロサンジェルス(発音)、ロサンゼルス(慣用)
  • angel - エインジェル(発音)、エンジェル(一般)、エンゼル(慣用(商標など))

gua[編集]

一般にはガあるいはギャ。スペイン語由来のものの元の発音はグアだが、英語の発音に引きずられてグァと表記することもある。

  • guard - ガード
  • guarantee - ギャランティー
  • guava - グアバ(スペイン語発音)、グァヴァ(英語発音)
  • Guatemala - グアテマラ(スペイン語発音)、グァテマラ(英語発音)

ju [ʤu][編集]

一般的にはジュ。

  • June bride - ジューン・ブライド
  • juice - ジュース

que, qua [kw-][編集]

発音重視ならクェ・クォ等だがクエ・クオ又はケ・コとする慣用もある。

  • question mark - クェスチョンマーク(発音)、クエスチョンマーク(慣用)
  • quest - クエスト(慣用)
  • quart - クォート(発音)、クオート(慣用)
  • quarter - クォーター(発音)、クオーター(慣用)
  • quadruple - クォドループル(発音)
  • equal - イコール(慣用)

re-[編集]

一般的にはレまたはリ。

  • report - レポート、リポート
  • resume - レジューム、リジューム
  • respect - リスペクト
  • reload - リロード

sh [ʃ][編集]

/ʃei/と発音するshaはシェー、シェイとするのが一般。

  • shade - シェード、シェイド
  • milk shake - ミルクシェーク(発音)、ミルクセーキ(慣用)

-son [sn][編集]

ソンとするのが一般。スンとする慣用もある。

  • Wilson - ウィルソン、ウィルスン(慣用)

t [t][編集]

子音tのみの表記はトが一般。ツやトゥも時々使われる。

  • trust - トラスト
  • Truman - トルーマン
  • true - トゥルー(発音、一般)、トルー(慣用)
  • tree - ツリー(慣用)

tu [tju][編集]

発音重視ならテュ、慣用ならチュ。

  • tuba - テューバ(発音)、チューバ(慣用)
  • costume - コスチューム
  • stewardess - スチュワーデス
  • stew - シチュー

ty, ti, tee, tea [ti, tiː][編集]

一般にはティだが、チ又はテとする慣用もある。

  • etiquette - エチケット
  • plastic - プラスチック(慣用)、プラスティック(発音)
  • volunteer - ボランティア
  • steam - スチーム
  • nightingale - ナイチンゲール(慣用)、ナイティンゲイル(発音)
  • romantic - ロマンティック(発音)、ロマンチック(慣用)
  • sticker - ステッカー

-um, -ium [əm, iəm][編集]

ウム(イウム)が一般的。

  • aluminium - アルミニウム、アルミニューム(慣用)
  • sanatorium - サナトリウム、サナトリューム(慣用)
  • symposium - シンポジウム
  • radium - ラジウム
  • album - アルバム(一般)

v [v][編集]

発音重視の場合には、ヴァ行(ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ)を用いる。一般的(マスコミ等)には、バ行(バ・ビ・ブ・ベ・ボ)を用いる。

  • violin - ヴァイオリン(発音)、バイオリン(一般)
  • Venus - ヴィーナス(発音)、ビーナス(一般)
  • veil - ヴェール(発音)、ベール(一般)
  • interview - インタヴュー(発音)、インタビュー(一般)
  • review - レヴュー(発音)、レビュー(一般)

w [w][編集]

wi, we, woは発音重視ならウィ・ウェ・ウォだが、ウイ(イ)・ウエ・ウオとする慣用もある。古くはヰ・ヱ・ヲとも書いた。whi, whea, wheeは発音重視ならホイ(ホィ)とする例が多いがウイ(ウィ)とする慣用もある。whaは通例ホワ、またはホエ、whi(why)の後に無声音が付くときにホワイとされることがある。wheは通例ホウェ(フェ)、whoはホ、例外はwhoのフーなど。

  • whisky, whiskey - ウィスキー(発音)、ウイスキー(慣用)
  • wedding - ウェディング(発音)、ウエディング(慣用)
  • watch - ウォッチ(発音)、ウオッチ(慣用)
  • sandwiches - サンドウィッチ(発音)、サンドイッチ(慣用)
  • switch - スウィッチ(発音)、スイッチ(慣用)
  • Warren - ウォーレン
  • Watt - ワット
  • Whig - ホイッグ(発音)、ウイッグ(慣用)
  • wheat - ホイート(発音)、ウィート(慣用)
  • wheele - ホイール(発音)、ウイール(慣用)
  • what - ホワット(発音)、ワット(慣用)
  • whale - ホエール
  • white - ホワイト
  • when - ホウェン(発音)、フェン(慣用)
  • whole - ホール
  • who - フー

ye [je][編集]

一般的にはイエ、エ。発音重視ならイェ。

  • yes - イエス
  • yellow - イエロー
  • Yates - イエーツ、イェーツ、イェイツ

x[編集]

語頭以外のxa, xi(xy), x, xe, xo は[gz]と発音するときでも原則的にクサ・クシ・クス・クセ・クソ、またはキサ・キシ・キス・キセ・キソになる。

  • tax - タックス
  • taxi - タクシー
  • mix - ミックス
  • mixer - ミキサー
  • extra - エクストラ(発音)、エキストラ(慣用)
  • sexy - セクシー
  • proxy - プロキシ(JIS規格)
  • Alexander - アレグザンダー(発音)、アレクサンダー(慣用)
  • express - エクスプレス(発音)、エキスプレス(慣用)

参考文献[編集]

このページに加筆したときに参考にしたものがありましたら追加してください。