Slot A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Slot A
Slot A.jpg
ソケット形式 カードエッジコネクタ
チップ形状 PGA+ドーターボード
コンタクト数 242
バスプロトコル EV6
FSB 100 MHz(200 MT/s)
採用プロセッサ AMD Athlon (K7)

Slot Aは、AMDAthlonで使用された242ピンのシングル・エッジ・コネクタの、物理的・電気的仕様である。

Slot Aコネクタは、Socket 7Super Socket 7よりも高いデータ転送レートを使用することが出来た。Slot Aのマザーボードは、DECEV6バスプロトコルを使用していた。これは当初、Alpha 21264プロセッサのために開発されたものである。

Slot A用Athlonドーターボードのケースとヒートシンクを取り外したもの。中央がCPUで左右のチップがSRAM

Slot A用Athlonプロセッサは、PGAパッケージのものがハンダ付けで取り付けられたCPUボードの形で発売された。これは同時期のインテル Pentium IIプロセッサ同様、当時の半導体プロセスでは常識的なコストでオンダイで装備することが不可能だった大容量L2キャッシュSRAMを、外付けのチップで搭載するためであった。ボードは上部にもコネクタを持つが、これは工場で安定動作する最高クロックを調べるためのもので、「Goldfinger」と通称され、この接点を使ってしばしばCPUをオーバークロックさせる改造が行われた[1]

Slot AはインテルのSlot 1と機械的には互換性があったが、電気的な互換性はなかった。結果として、Slot Aのマザーボードは、Slot 1のマザーボードに対して180度回転させた向きでコネクタを実装するように設計された。これは、Slot 1用のプロセッサをSlot Aマザーボードに挿入することや、その逆のような、誤った挿入を防ぐためである。インテルのSlot 1と同じコネクタの機構部材を利用することで、マザーボードメーカーはSlot 1とSlot Aのマザーボードの組み立てのため、共通の部品を在庫することになり、コストを下げることが出来た。

なお、インテルではスロット形式のCPUカートリッジを「S.E.C.C(シングル・エッジ・コネクタ・カートリッジ)」と呼んでいるが、AMDでは特にこの形式のパッケージの名称を定めておらず、Slot A用Athlonのパッケージを「S.E.C.C」と呼ぶのは厳密には正確ではない。

のちに、AthlonのL2キャッシュがオンダイになるとドーターボード形式にする理由がなくなり、Slot AはSocket Aに置き換えられた。

この記述は GNU Free Documentation License のもとに公開されているコンピュータ用語辞典『 Free On-line Dictionary of Computing (FOLDOC) 』に基づいています。

出典[編集]

  1. ^ Tom's Hardware