Socket A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Socket A / 462
SocketA.jpg
ソケット形式 PGA-ZIF
チップ形状 CPGA(Ceramic Pin Grid Array)
OPGA(Organic Pin Grid Array)
コンタクト数 453ピン
バスプロトコル EV6
FSB 100, 133, 166, 200MHz
ダブルデータレートバスにより、
FSB200, FSB266, FSB333, FSB400と同等
電圧範囲 1.0~2.05V
採用プロセッサ AMD Athlon (650~1400MHz)
AMD Athlon XP (1500+~3200+)
AMD Duron (600~1800MHz)
AMD Sempron (2000+~3300+)
AMD Athlon MP (1000MHz~3000+)
AMD Geode NX (667~2200MHz)

Socket A(またはSocket 462)は、Athlon ThunderbirdからAthlon XP/MP 3200+までと、DuronSempronを含む低価格プロセッサで使用される、AMDのプロセッサ用のCPUソケットである。Socket Aは、最近のGeode NXモバイルAthlon XP-Mがベース)もサポートしている。Socket Aは453ピンのZero Insertion Force(ZIF) Pin Grid Array(PGA)である。(Socket 370 CPUの誤挿入を防ぐため、9箇所が塞がれているので、462と呼ばれる。)フロントサイドバスのクロックはAMD Athlon XPとSempronに対しては133MHz, 166MHz, 200MHzをサポートしている。

AMDはSocket AのCPUクーラーの重量が300グラムを超えないことを推奨している。重いクーラーは、システムが正しく取り扱われないときにダイを破損する恐れがある。

Socket Aは、Geode NXプロセッサで利用される場合を除いて製造中止となり、Socket 754Socket 939や最近ではSocket AM2が使用されている。しかし、Socket Aに対応したマイクロプロセッサやマザーボードが、多くのベンダーから現在でも入手可能である。

仕様[編集]

最初に初期のチップセットが100MHzのFSBで始まり、より早いFSBに徐々に対応した。ソケットは変わらずピンコンパチであったが、クロック、タイミング、BIOS、電圧の問題のため、古いチップセットと新しいプロセッサの間に互換性の制限が生じた。