SS-GB

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SS-GB
SS-GB
著者 レン・デイトン
訳者 後藤安彦
イラスト
表紙/生賴範義(文庫)
発行日 イギリスの旗1978年8月24日
日本の旗1980年
1987年6月30日(文庫版)
発行元 イギリスの旗Jonathan Cape
日本の旗早川書房
ハヤカワ文庫
ジャンル 歴史改変SF
イギリスの旗
言語 英語
形態 上製本
文庫本
ページ数
297(上)、322(下)(文庫)
コード ISBN
ISBN 4-15-040452-6(上)(文庫)
ISBN 4-15-040453-4(下)(文庫)
テンプレートを表示

SS-GB (エスエスゲーベー)は、作家レン・デイトンによる第二次世界大戦を扱った歴史改変SF小説である。ナチス・ドイツ第二次世界大戦英国に勝利した後の占領下の英国を舞台に描かれている。

ストーリー[編集]

1941年2月に英国はナチス・ドイツに降伏した。ウィンストン・チャーチルは銃殺刑に処され、国王ジョージ6世ロンドン塔に幽閉されていた。英国民は耐乏生活を余儀なくされ、収容所に入れられる者や労働力としてドイツへ連れて行かれる者も少なくなかったが、一部ではレジスタンス活動も続けられていた。遠く離れた米国英連邦諸国はこの事態を静観し、ソビエト連邦独ソ不可侵条約締結後のナチス・ドイツとの友好関係を維持していた。一方、勝者のドイツ側では ドイツ国防軍親衛隊が英国の占領政策を巡り水面下で勢力争いをしていた。

1941年11月のある日、ロンドンで闇物資の取引上のトラブルと思われる殺人事件が発生した。この捜査に当たるのが、ロンドン警視庁殺人課の警視ダグラス・アーチャーであった。アーチャーは相棒の部長刑事ハリー・ウッズと共に捜査を始めるが、その最中にベルリンから親衛隊情報部(SD)の連隊指揮官フートがロンドン警視庁にやって来る。事件について何かを掴んでいるフートの配下でアーチャーは捜査を進めることになる。

フートと静かな権力闘争を繰り広げる、アーチャーの組織上の上司である警察庁長官(ドイツ軍派遣)のケラーマン将軍。捜査線上に浮かび上がってきたレジスタンス活動家達。独ソ友好の式典でのレジスタンスによる爆弾テロをきっかけに、激化するドイツ国防軍と親衛隊の勢力争い。各々の思惑に翻弄されつつ、警察官として英国人として、アーチャーは捜査を続ける。

登場人物[編集]

ダグラス・アーチャー
ロンドン警視庁殺人課の警視。
ハリー・ウッズ
同、部長刑事。
フリッツ・ケラーマン
英国警察庁長官の師団指揮官
オスカー・フート
国家保安本部・親衛隊情報部(SD)の連隊指揮官
ハンス・ヘッセ
ドイツ陸軍大尉、国防軍情報部に所属。
ジョージ・メヒュー
元英国防軍防諜部の大佐。
ジョン・スポード
物理学者。