Piwik

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Piwik
Piwik-logo.svg
最新版 2.0.3 / 2014年01月13日(7か月前) (2014-01-13
対応OS クロスプラットフォーム
対応言語 PHP
種別 Web解析
ライセンス GNU General Public License V3
公式サイト piwik.org
テンプレートを表示

Piwikは世界中の開発者チームによって開発された、PHP/MySQLサーバー上で動作するウェブ解析用オープンソースソフトウェアである。 45言語以上翻訳されており[1]、48万以上[2]ウェブサイト(総数の1.2%[3])で使用されている。 新バージョンは、定期的に数週間ごとに提供されている。[4] 1サイト以上の訪問者を追跡し、分析レポートの表示機能を有する。

機能[編集]

訪問者の地理的位置、直接または間接的なサイト訪問経緯、環境(ウェブブラウザ、画面サイズ、オペレーティングシステムなど)、訪問者層、閲覧ページや挙動や退出、訪問時間、ソースなどに関するレポートが表示される。 また、蓄積するデータを分析に役立てる様々な機能が利用できる。

Google AnalyticsのようなSaaS提供元がサービス利用者の収集したデータを利用できるのに対し、Piwikはデータ利用の独立性が保てるという特徴(ローカルホスト型ソリューションの副産物による)がある。

WordpressDrupalなどのCMS、MagentoやPrestaShopのなどの電子商取引アプリ、phpBBなどの電子掲示板といった、多くのサードパーティのアプリに統合可能である。[5] コミュニティにおいてもプラグイン開発が進行中であり、現在20個のプラグインが利用できる。[6]

商用展開[編集]

GPLによるソフトウェア公開の他にも、年間サポート、研修、マネージドホスティング、その他関連コンサルティング(インストール、システムの構成保守、スケーリング及びカスタマイズ)を含む有料サービスを運営元が提供している。[7]

脚注[編集]

  1. ^ Piwik Translations”. 2011年1月2日閲覧。
  2. ^ Piwik Web Analytics Usage Statistics”. 2011年12月27日閲覧。
  3. ^ Usage statistics and market share of Piwik for websites”. 2013年4月19日閲覧。
  4. ^ Changelog Piwik” (2011年11月17日). 2011年11月17日閲覧。
  5. ^ Integrate your website or app with Piwik”. 2013年3月1日閲覧。
  6. ^ Piwik Third Party Plugins”. 2012年1月7日閲覧。
  7. ^ Piwik Professional Services”. 2013年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]