PSGI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PSGI(Perl Web Server Gateway Interface)は、プログラミング言語Perlで使われる、WebアプリケーションとWebサーバを接続するインタフェースの1つであり、PerlにおけるWebアプリケーション用標準インタフェースとして使われることが意図されている。

動機および概要[編集]

Perlスクリプトは、実行ファイル形式またはモジュール形式を用いてウェブアプリケーションとして実行できる。そのための枠組みの例として、CGI, FastCGI, SpeedyCGI, mod_perl, ISAPIなどが従来から存在する。これらのうちCGIが最も古典的でシンプルな実行方法として知られているが、クライアントからのリクエストのたびにプロセスの起動・破棄を行うため、サーバへの負担が大きく、ユーザへのレスポンスにも時間がかかる。また、このような起動形態ではデータベースとの接続といった必要な初期化も毎回行わなければならない。これらの問題を解決するために、FastCGI, SpeedyCGI, mod_perlなどが考案された。これらの環境では、Webアプリケーションプロセスを起動したままにして、リクエスト毎にこのプロセスがWebサーバと何らかのインタフェースで通信することで、プロセス起動や各種の初期化にかかるオーバーヘッドを排除している。しかしながら、これらの実行環境 (FastCGI, mod_perl, etc.) はそれぞれインタフェイスが異なるため、ウェブアプリケーションフレームワークごとに、それらの差異を吸収するためのコードが繰り返し再発明されていた。

この問題を解決すべく、宮川達彦氏を主導として、PythonWSGIRubyRackから着想を得た、PSGIというウェブアプリケーション用の規格が打ち出された[1]。また、同時にPSGIのリファレンス実装であるPlackも発表された。PlackはCPANからダウンロードできる。PSGIの登場と普及により、具体的な実行環境を意識することなくウェブアプリケーションを作成できるようになった。2010年現在では、ほとんどのPerl製WebアプリケーションフレームワークがPSGIに対応している。

PSGIアプリケーションの例[編集]

以下は、最も単純なPSGIアプリケーションの例である:

my $app = sub {
    return [200, ['Content-Type' => 'text/plain'], ["hello, world\n"]];
}

これをPSGIサーバの1つであるPlackで実行するには、hello.psgiとして保存して、コマンドラインシェルでplackup hello.psgiを実行すればよい。

PSGIに対応しているWebフレームワーク[編集]

実行環境[編集]

具体的にどの実行環境を使用するかはオペレーティングシステムやウェブサーバによって異なるが、次のような利用方法がある。

UNIX
Apache
  • CGI
  • FastCGI
  • SpeedyCGI
  • mod_perl
  • uWSGI
lighttpd
  • CGI
  • FastCGI
Nginx
  • uWSGI
  • FastCGI
Windows
IIS
  • CGI
  • ISAPI
Apache
  • CGI
  • FastCGI
  • SpeedyCGI
  • mod_perl
  • ISAPI
AN HTTPD
  • CGI
  • ISAPI

脚注[編集]

  1. ^ http://gihyo.jp/news/report/01/yapcasia2009/0001 YAPC::Asia Tokyo 2009 スペシャルレポート