FastCGI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

FastCGIとは、Webサーバ上でユーザプログラムを動作させるためのインタフェース仕様の一つである。CGIの問題を解決するためにOpen Market社によって1990年代中頃に開発された[1]もので、プロトコルは公開されている。

概要[編集]

CGIは、ユーザーから要求がある度に、プロセスの生成と破棄が行われる。大量の要求があればその分だけプロセスの生成と破棄が実施され、この事がパフォーマンスの悪化に繋がっている。

FastCGIは、プロセスをメモリ上に永続化させることで、その起動と終了にかかる時間をカットし、結果としてプログラム動作速度の向上およびサーバ負荷の低下が可能となる。最初にプロセスが実行された段階で、そのプロセスはメモリ上に格納され、次の要求に対してはそのメモリに格納されたプロセスを実行する。

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ About FastCGI”. Open Market, Rob Saccoccio & others. 2012年2月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]