P・J・トレイシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
P・J・トレイシー
P. J. Tracy
職業 小説家
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
主な受賞歴 バリー賞など
2004年 天使が震える夜明け
処女作 『天使が震える夜明け』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

P・J・トレイシーP. J. Tracy)は、パトリシア・J・ランブレヒトとトレイシー・ランブレヒト(Patricia & Traci Lambrecht )母娘によるアメリカ推理作家のペンネーム。

2004年にバリー賞アンソニー賞ガムシュー賞を受賞した。

母パトリシア・J・ランブレヒトは、上流中産家庭の恵まれた環境で育った[1]。大学を中退後、生活苦から逃避するために執筆活動を始める[1]。娘のトレイシーが8歳の時、『サタデー・イヴニング・ポスト』に初の短編が掲載される。以後、フリーライターとして適度に成功を収める[1]

娘トレイシー・ランブレヒトは、幼少期をと共に過ごして育った[1]ミネソタ州ノースフィールドセント・オラフ・カレッジを卒業、同校ではロシア語音声学を専攻した[1]スパイになりたかったが、冷戦の終結によりその夢が断たれたため、東欧の民芸品の輸入業を始めるがはかばかしい成果は得られなかった[1]。趣味の旅行とロックバンド、何よりも母のことを思って資金集めのために執筆活動を始め、それ以後母と共同で執筆を続けている[1]

受賞歴[編集]

著書[編集]

ミネアポリス警察署殺人課シリーズ
# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 沈黙の虫たち Live Bait 2004年 2007年 中谷ハルナ 集英社集英社文庫
2 闇に浮かぶ牛 Dead Run 2005年 2008年
3 埋葬 Snow Blind 2006年 2009年
その他
# 邦題 原題 刊行年
アメリカ合衆国の旗
刊行年
日本の旗
訳者 出版社 日本の旗
1 天使が震える夜明け Monkeewrench (米)
(Want to Play?) (英)
2003年 2006年 戸田早紀 ヴィレッジブックス
〈ヴィレッジブックス〉
2 Shoot to Thrill (米)
(Play to Kill) (英)
2010年

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g P.J. Tracy - About P.J. Tracy”. 2012年7月15日閲覧。

外部リンク[編集]