Openfiler

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Openfiler
開発元企業 / 開発者 Xinit Systems
OSの系統 Linux
開発状況 開発中
ソースモデル オープンソース
最新安定版リリース 2.3 / 2008年7月2日
パッケージ管理 WebUIでアップデート
対応プラットフォーム i386 (x86, x64)
カーネル種別 モノリシックカーネル
ライセンス GPL
ウェブサイト http://www.openfiler.com/

Openfilerとは、NASSANを実現するための、rPath Linuxをベースとして作られたオペレーティングシステムである。GPLに基づいたフリーソフトウエアであり、ソフトウェア・スタックのインタフェースサードパーティーにより実装されているオープンソースソフトウェアである。

歴史[編集]

2001年にXinit Systems社のMukund Sivaramanが作成したプログラムコードが基となっており、2003年10月にオープンソース化された。最初の公式リリースは2004年5月である。

ハードウエア要求仕様[編集]

  • 最低要求水準:32ビットプロセッサ1GHz以上、512MBytes RAM、512MBytes swapパーティション、1GBytes rootパーティション
  • 推奨水準:64ビットプロセッサ1.6GHz以上、1GBytes RAM、1GBytes swapパーティション、2GBytes rootパーティション, ハードウエアRAID

機能[編集]

Openfilerが実装している機能はCIFS / SMBWebDAVFTPNFSrsynciSCSI(イニシエータ及びターゲット)である。また、アクセス制御に用いられるディレクトリサービスとしてNISLDAP(CIFS/SMBの暗号化パスワード対応)、Active Directoryがサポートされている。また、LDAPサーバ機能も実装している。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]