OpenMediaVault

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OpenMediaVault
OpenMediaVaultGUI.png
OpenMediaVault WebGUIのスクリーンショット
開発元 Volker Theile
最新版 0.5.38 / 2014年3月3日
対応OS Debian
プラットフォーム i386/IA-32 and x86-64
対応言語
種別 ネットワークアタッチトストレージ
ライセンス GNU General Public License
公式サイト http://openmediavault.org
テンプレートを表示

OpenMediaVault は、DebianLinuxをカーネルに用いたフリーのnetwork-attached storage(NAS)システム。 CIFS (Samba), FTP, NFS, rsync, AFPなどのプロトコルに対応している。 ソフトウェア RAID (0,1,5,6,10)を用いることができる。Webブラウザからの操作を可能としている。 OpenMediaVaultはISOイメージとソースコードと共に入手することが出来る。 OpenMediaVaultはハードディスクやSSDに問題なくインストールできるが、コンパクトフラッシュやUSBメモリにインストールすることはドライブを劣化させるので奨励されていない。[1]

OpenMediaVaultは、FreeBSDカーネルのFreeNASから分離して、Debian Linuxをカーネルに用いてプロジェクトを開始した。 [2] [3][4]


特徴[編集]

  • サポートするハードウェアRAID カード: Debian Linuxが対応するもの
  • サポートするソフトウェア RAID レベルは以下の通り: 0, 1, RAID44| 5, 6, JBOD, 5+0, 5+1, 0+1, 1+0, など。
  • UPS をサポート

脚注[編集]

  1. ^ USB sticks are not recommended as boot device.”. OpenMediaVault公式Wiki. 2014年5月22日閲覧。
  2. ^ FreeNAS Switching From FreeBSD To Debian Linux”. Slashdot.com. 2009年12月7日閲覧。
  3. ^ FreeNAS ready for the next step !”. FreeNAS Blog. 2009年12月10日閲覧。
  4. ^ Rumours of FreeNAS Death Greatly Exaggerated”. FreeNAS blog. 2009年12月5日閲覧。

外部リンク[編集]