Open Content Alliance

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Open Content Alliance (OCA)とは誰でもアクセスできるデジタルスキャン文書のアーカイブの永久的な構築を目指す団体である。2005年10月にYahoo!インターネット・アーカイブカリフォルニア大学トロント大学等によって設立された[1]。OCAによるスキャン作業はインターネット・アーカイブによって行われ、ウェブサイトを通してアクセスできるように記録媒体に永久保存している。 マイクロソフトはOCAと2008年5月まで特別な関係を持っており、2005年10月にLive Book Searchプロジェクトの一環としてOCAに加わっていた[2]。しかし、その2008年5月にLive Book Searchプロジェクトとインターネット・アーカイブによる書籍スキャン作業への資金提供を終了すると発表した[3]。マイクロソフトはスキャンされたコンテンツに関する契約の解消とデジタル化作業継続のために協力者と図書館へのスキャン設備の譲渡を行った[3]。2006年から2008年の間にマイクロソフトの支援でスキャンされた書籍は75万冊にのぼり、そのうち30万冊はインターネット・アーカイブのオンラインコレクションの一部になっている。

Google Book裁判による和解との衝突[編集]

OCA創設者のブリュースター・ケールはGoogle Book Settlement(アメリカ作家協会による著作権侵害申立請求事件和解英語版2011年12月に破棄された。)の計画に積極的に反対している[4]。Open Content AllianceはOpen Book Alliance英語版の一員になっている[5]

支援者[編集]

OCAを支援している団体:

生物多様性遺産図書館(Biodiversity Heritage Library)参加団体:

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ニュース記事

ブログポスト