OGLE-2005-BLG-071L

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OGLE-2005-BLG-071L
データ
元期 J2000
星座 さそり座
赤経 17h 50m 09.77s[1]
赤緯 -34°40′23.5″[1]
視等級 (V) 19.5
特徴
スペクトル分類 M5[1]
アストロメトリー
距離 ~11000 光年
(~3300 パーセク
詳細
質量 0.46 ±0.04 M
他の名称
EWS 2005-BUL-71, EWS 2005-BLG-71
Template (ノート 解説) 天体PJ

OGLE-2005-BLG-071Lは、さそり座の方向約11000光年の位置にある、銀河バルジの恒星である。太陽の46%の質量の赤色矮星であると考えられている[1]

惑星系[編集]

2008年、重力マイクロレンズ法によって、太陽系外惑星が発見された[2]

OGLE-2005-BLG-071Lの惑星
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b 3.5 ± 0.3 MJ 3.6 ± 0.2  ?

関連項目[編集]

  • Optical Gravitational Lensing Experiment

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d SIMBAD query result: EWS 2005-BUL- 71”. Centre de Données astronomiques de Strasbourg. 2009年4月30日閲覧。
  2. ^ Dong et al (2009). “OGLE-2005-BLG-071Lb, THE MOST MASSIVE M DWARF PLANETARY COMPANION?”. The Astrophysical Journal 695: 970-987. doi:10.1088/0004-637X/695/2/970. http://www.iop.org/EJ/abstract/0004-637X/695/2/970. 

外部リンク[編集]