OGLE-2005-BLG-071Lb

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OGLE-2005-BLG-071Lb
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
主星
恒星 OGLE-2005-BLG-071L
星座 さそり座
赤経 (α) 17h 50m 09s
赤緯 (δ) -34° 40′ 23″
距離 approx. 11000 ly
(approx. 3300 pc)
スペクトル分類 M?
主星との距離
推定距離 (d) 3.6 ± 0.2 AU
物理的性質
質量 (m) 3.5 ± 0.3 MJ
発見
発見日 2005年5月27日
発見者 Udalski et al.
発見方法 重力マイクロレンズ
現況 公表
他の名称
EWS 2005-BUL-071Lb, EWS 2005-BLG-071Lb
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

OGLE-2005-BLG-071Lbは、2005年に重力マイクロレンズによって、Optical Gravitational Lensing Experimentが発見した太陽系外惑星である[1]。最も良く当てはまるモデルによると、木星の3.5倍程度の質量で、親星から3.6天文単位離れている。その結果、実効温度は約50Kであり、海王星に近い。しかし別のモデルでは、若干小さい3.3木星質量程度となり、親星からは2.1天文単位と計算される。赤色矮星の周囲を公転する惑星としては、現在知られている中で最も質量が大きい(ただし、視線速度法では、惑星の質量の下限しか決定できない)[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Udalski, A. et al. (2005). “A Jovian-Mass Planet in Microlensing Event OGLE-2005-BLG-071”. The Astrophysical Journal 628 (2): L109-L112. doi:10.1086/432795. http://adsabs.harvard.edu/abs/2005ApJ...628L.109U. 
  2. ^ Dong et al; Gould, Andrew; Udalski, Andrzej; Anderson, Jay; Christie, G. W.; Gaudi, B. S.; Jaroszy?ski, M.; Kubiak, M. et al. (2009). “OGLE-2005-BLG-071Lb, THE MOST MASSIVE M DWARF PLANETARY COMPANION?”. The Astrophysical Journal 695: 970-987. doi:10.1088/0004-637X/695/2/970. http://www.iop.org/EJ/abstract/0004-637X/695/2/970. 

座標: 星図 17h 50m 09s, -34º 40' 23''