NEMO (迫撃砲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

NEMO(NEw MOrtarの略)とは、フィンランドの国防企業パトリア社(Patria)が設計した、口径120mmの砲塔式自動迫撃砲である。

概要[編集]

『NEMO』はパトリア社製造の2連装砲塔式120mm自動迫撃砲システム『AMOS』を単装化させる形で開発されたため、基本的に迫撃砲ユニットは同一の設計と性能であるが、単装化によって軽量化と省スペース化が進んだ代償に連射速度が低下している。AMOS譲りの低反動性と直射砲撃能力はそのままに、小型化した砲塔はステルス性を意識した角型デザインとなっており、砲身自体も赤外線放射対策を兼ねたカバーに包まれている。

NEMO自動迫撃砲は既存の装甲兵員輸送車の屋根部分に組み付けることが可能である他、フィンランド製のユルモ型上陸用舟艇やスウェーデン製のCB90Combat Boat 90)などの小型艇にも搭載可能である。

最初の採用国はスロベニアであり、同国陸軍がパトリア社と2006年12月20日に調印し制式採用したAMV装輪装甲車[1]135両の内の一部24両に搭載されている。また、アラブ首長国連邦のAMV装甲車、同国海軍が12隻購入した哨戒艇の一部には海軍仕様NEMOが搭載されている.[2]サウジアラビア陸軍はLAV II搭載用として 36基分のNEMO砲塔装備一式を購入している[3]

スペック[編集]

  • 口径:120mm
  • 砲身長:3m
  • 仰角:-3°~+85°
  • 左右旋回角:360°
  • システム重量:1,500kg
  • 射撃準備時間:30秒以下
  • 移動準備時間:10秒以下
  • 連射速度:10発/分(最大)、7発/分(持続射撃)
  • 運用要員:3名

参照ソース[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ スロベニア陸軍の新型APC、『Patria AMV』Defense Industry Daily 2006年12月21日、2012年5月17日確認
  2. ^ Defence Professionals: Patria Nemo Navy mortar system selected for UAE
  3. ^ Armstrade Consulting

関連項目[編集]

外部リンク[編集]