Michael Learns to Rock

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Michael Learns to Rock
}
基本情報
出身地 デンマークの旗 デンマーク オーフス
ジャンル ソフトロックバラード
活動期間 1988年 - 現在
レーベル EMI
公式サイト http://www.mltr.dk/
メンバー
Jascha Richter
Kåre Wanscher
Mikkel Lentz
旧メンバー
Søren Madsen (2000年に脱退)
Michael Learns to Rock

Michael Learns to Rock(マイケル・ラーンズ・トゥ・ロック、通称MLTR)は、英語で楽曲を演奏するデンマーク出身のソフトロックバンドである。1988年に結成し、これまで主にアジアで1,200万枚以上の売り上げを残している。ヴォーカルのヤーシャが作り出す美しい旋律と甘くハスキーな歌声とが絶妙なハーモニーを奏でる。ヨーロッパ、東南アジア、南アフリカ等々、メロディ重視の音楽が評価される国での支持率は圧倒的に高い。


来歴[編集]

1987年、デンマークの都市オーフスの高校に通っていたヴォーカルでキーボードリストJascha Richter(ヤーシャ・リヒター)とドラマーKåre Wanscher(コー・ワンシャー)が、当時the Rocking Studsというグループを組んでいたSøren Madsen(ソレン・マッセン)を誘いバンドを結成した。

1988年5月にオーフスでデビューし、その後、地元開催のタレントショーに応募した。優勝を手にした彼らは、とっさにバンド名を考える必要に迫られた。後にRichterはインタビューの中で、マイケル・ジャクソンにちなんで名付けたと認めている。「ジョニー・ヘイツ・ジャズ(Johnny Hates Jazz)とかフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド(Frankie Goes to Hollywood)みたいなノリだった。もちろん何度も名乗るたびに後悔したけど、とても早く売れたものだからこだわるしかなかった。時間とともに慣れたけどね。」(Taipei Times, 06 07 2007)

2006年、Søren Madsenが脱退。以降、3人組で活動している。 シンガポールやインドネシアなどアジアでの人気も高く、アジアでのみシングルヒットした曲も多数。「MINUTE25」はシンガポールでの94年度ベストパフォーマンス賞を受賞している。

日本でのデビューは、彼らにとって3枚目のアルバムとなる「Played On Pepper」。名古屋ZIP-FPの強力なバックアップもあり、名古屋から火が付き、全国のHMVで1週間で1万枚の好セールスを記録するに至る。96年には来日を果たし、東京(池袋アムラックスホール2days)、名古屋でライブを行った。

ディスコグラフィ[編集]

オリジナルアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 1991年 Michael Learns to Rock
2nd 1993年 Colours
3rd 1995年 Played on Pepper
4th 1997年 Nothing to Lose
5th 2000年 Blue Night
6th 2004年 Take Me to Your Heart
7th 2008年 Eternity
8th 2012年 Scandinavia

ベストアルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 1996年 Paint My Love
2nd 1999年 Strange foreign beauty
3rd 2004年 19 Love Ballads
4th 2005年 All the best
5th 2007年 Greatest Hits


その他の活動[編集]

ヴォーカルのヤーシャは、MLTRの活動と並行してソロ活動を行い、現在まで2枚のアルバムをリリースしている。

アルバム[編集]

発売日 タイトル
1st 2002年 Planet Blue
2nd 2006年 Where I belong

1997年7月の香港返還記念コンサートにはバンドとして出演し、トリを務めた。

2007年スペシャルオリンピックス夏季世界大会・上海(Shanghai Special Olympics 2007)では、アジア圏での人気が買われ、閉幕セレモニーでヤーシャはヴォーカルを務めた。


外部リンク[編集]