LK (着陸船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
LK (Lunniy korabl)
Soviet lunar lander drawing.svg
説明
役割: 月着陸船
乗員: LKパイロット1名
サイズ
全長: 5.20 m
直径: 4.50 m
体積: 5 m³
重量
計: 5,560 kg
ロケットエンジン
RCS Coarse (N2O4/UDMH) x 4: 390 N
RCS Fine (N2O4/UDMH) x 4: 98 N
RCS Impulse 245 kgf-sec
RD-858
(N2O4 ) x 1:
20100 N
性能
航続時間: 30日

LKLunniy Korabl )はソ連着陸船で、アメリカの月着陸船(LM)に相当する。ソ連はアメリカより先に、このLKによってソ連の宇宙飛行士月面着陸させ、ムーン・レースに勝利する予定だった。LK の開発は成功し、地球軌道上での試験が成功裏に終わっている。しかし、N1ロケットの開発に失敗したことから、月に送られることは1度もなかった。

LKとLMの比較[編集]

ソ連のN1ロケットは月までのペイロード能力がアメリカのサターンVに比べ70%しかなかったので、LK は多くの点でアポロ月着陸船(LM)と異なっている。

  • LKの重量はLMの約3分の1。
  • LMが2名搭乗可能なのに対して、LKは1名のみ。
  • LMのようなドッキングトンネルを持たない。宇宙飛行士はLOK (Soyuz 7K-L3)のコマンド船とLK間を移動するには、宇宙遊泳を行う必要があった。
  • 月軌道を離脱する際と降下を始める際、LKは同じブレーキングステージ、ブロックDを使用した。対してLMは着陸ステージエンジンを使用する。
  • LKでは、月軌道で高度100km、100 m/sからの最終減速にはブロックE英語版ステージが用いられる。これは月軌道へ復帰する際にも上昇ステージとしても用いられる。一方LMの着陸ステージは着陸専用で、上昇には用いられない。

コロリョフのN1-L3プラン[編集]

LK(左)とLM(右)の比較

セルゲイ・コロリョフの有人月面着陸の最終プランはアポロ計画と同じ、月軌道ランデブー英語版の手法を採用していた。

ソユーズの改良型、LOK (Soyuz 7K-L3)コマンド船(Lunniy Orbitalny Korabl)が2名のクルーを運び、LKと共に月軌道に向かう。その後、クルーの1人がLOKからLKに向かうため宇宙遊泳を行い、LKに入ったらブロックDステージをLOKから分離させる。

LOK

ブロックDステージは燃料を使い果たすとLKから分離され、LKはLK自身のエンジンによって月に軟着陸を果たす。元々の計画では、先にルナ計画の無人探査機が着陸を行い、LKのためにビーコンを発信することになっていた。着陸した宇宙飛行士は月の石を集め、ソ連の旗を揚げただろう。

月着陸から1日後、重量節約のため、着陸の際に使用したLKのエンジンが再び点火される。この時LKの足の部分が発射台として使用される。月軌道に戻って、LOKと自動ドッキングを行った後、宇宙飛行士は月のサンプルをもってLOKに乗り込むため再度宇宙遊泳を行う。使用済みとなったLKは放棄され、LOKは地球に帰還するためにエンジンの点火を行う[1]

試験[編集]

LKはコスモス379号コスモス398号コスモス434号として地球軌道上にて3度無人試験が行われた。最初の試験は1970年11月24日、2度目は1971年2月26日、3度目は1971年8月12日に行われた。3回の試験は全てSoyuz-Lロケットによって打ち上げられた。初の試験は計画していたブロックEの作業サイクルを模擬実行し、2、3回目の試験ではフライト異常下にあるLKの挙動をテストする目的だった。これらの試験は成功し、LKはいつでも使用できると考えられた[1]

計画のキャンセル[編集]

1969年、アポロ11号の成功によって、アメリカはムーン・レースに勝利した。このことはソ連の月計画にとって致命的な打撃となったが、計画は1970年代前半まで続いた。4基全てのN1ロケットの失敗によって、ソビエトはいくつかの点で世界初となる宇宙ステーションの開発、そして長期の火星探査計画に力を注ぐことにした[2]

LKのレプリカは現在ディズニーランド・リゾート・パリに存在する。

参考文献[編集]

  1. ^ a b LK”. Encyclopedia Astronautica. 2009年7月15日閲覧。
  2. ^ Mark Franchetti (July 3, 2005 2005). “Russia plans first men on Mars”. London: The Times. http://www.timesonline.co.uk/article/0,,2089-1678539,00.html 2008年2月5日閲覧。 

関連項目[編集]