HD 104985

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HD 104985
データ
元期 J2000      Equinox J2000
星座 きりん座
赤経 12h 05m 15.1178s
赤緯 +76° 54′ 20.641″
視等級 (V) 5.79
特徴
スペクトル分類 G9III
B-V 色指数 1.029
アストロメトリー
固有運動 (μ) 赤経: 147.22 ミリ秒/
赤緯: -92.36 ミリ秒/
年周視差 (π) 9.8 ± 0.52 ミリ秒
距離 330 ± 20 光年
(102 ± 5 パーセク)
絶対等級 (MV) 0.75
詳細
質量 1.5 M
半径 10.87 ± 0.36 R
表面重力 (log g) 0,354567676 g
光度 55.5 L
表面温度 4786 K
金属量 -35%
年齢 2.95 ± 0.65 G
他の名称
BD+77° 461, GC 16514, GCRV 7252, HIP 58952, HR 4609, NLTT 29548, SAO 7500.
参照データベース
SIMBAD data
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
出典:
ヒッパルコス星表,
CCDM (2002年),
輝星目録(第5版)

HD 104985は、きりん座の方角に約333光年の位置にある、ヘリウムを燃料とする黄色巨星である。2003年に太陽系外惑星が発見された[1]

惑星の発見[編集]

国立天文台の岡山観測所のチームが2年間観測を続け、巨星として初めて、系外惑星を発見した[2]。惑星は典型的なホット・ジュピターで、中心星からの距離は、約0.8天文単位、質量は木星の約6.3倍、公転周期は198日である[2]日本及びアジアで初めて、日本の観測チームが発見した初の太陽系外惑星である[3]

HD 104985の惑星[4]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 半径
b >8.3 MJ 0.95 199.505 ± 0.085 0.090 ± 0.009

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Sato et al. (2003). “A Planetary Companion to the G-Type Giant Star HD 104985”. The Astrophysical Journal Letters 597 (2): L157–L160. doi:10.1086/379967. http://www.iop.org/EJ/article/1538-4357/597/2/L157/17520.html. 
  2. ^ a b 『最新 宇宙学 ー研究者たちの夢と戦いー』第3章 栗野諭美・福江 純
  3. ^ 国立天文台ニュース 2004年2月1日 No.127 岡山天体物理観測所、巨星のまわりの惑星を発見 国立天文台 ISSN 0915-8863
  4. ^ Sato et al. (2008). “Planetary Companions around Three Intermediate-Mass G and K Giants: 18 Delphini, ξ Aquilae and HD 81688”. Publications of the Astronomical Society of Japan 60: 539–550. http://pasj.asj.or.jp/v60/n3/600314/600314a.html.  (web preprint)

外部リンク[編集]

  • HD 104985”. Extrasolar Visions. 2010年5月2日閲覧。

座標: 星図 12h 05m 15.1178s, +76º 54' 20.641''