gtkmm

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
gtkmm
開発元 Murray Cumming, Daniel Elstner
最新版 2.22.0 / 2010年09月28日(3年前) (2010-09-28
対応OS クロスプラットフォーム
種別 ウィジェット・ツールキット
ライセンス LGPL
公式サイト gtkmm公式サイト
テンプレートを表示

gtkmmはGUIツールキットであるGTK+のC++バインディングC++言語のオブジェクト指向機能を用いてGTK+ライブラリを利用することができる。gtkmmはGTK+のラッパーであり、したがってUnix系OSのほかにもWindowsMac OS X上で動作する。オープンソースの組込みOSであるMaemoでも機能制限版のgtkmmを利用することができる。

gtkmmはもともとはgtk--という名前であったが、--マイナスマイナス)は検索エンジンに引っかかりにくいためこの名前になった。

姉妹プロジェクトとしてC++バインディングで、GUIビルダのGladeに対応したlibglademm、GNOME UIに対応したlibgnomemmなどがあり、gtkmmと共通したインタフェースで利用できる。

Qtとの比較[編集]

gtkmmは、性質がよく似ているQtと比較されることがある。QtはC++で書かれた、XMLライブラリや国際化機構などを含む統合ライブラリであるのに比べ、gtkmmはGTK+のバインディングであるという違いがある。gtkmmの文書では、QtはC++を拡張して独自のシグナル機構を実装しているので、標準のC++を使うことができないとしている。

利用している主なソフトウェア[編集]

外部リンク[編集]