EFT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EFTにおいてタッピングされる経穴

EFT(いーえふてぃー、Emotional Freedom Technique)は代替医療の治療介入・心理療法の1つで、提唱者によれば「エネルギー心理学」であるとされる。EFTは心理学的な脱感作[訳語疑問点]を目的として、患者が特定の課題に集中している間に経穴をタッピングする。EFTを開発したのは不動産業者で神経言語プログラミングの施術者ゲアリー・クレイグで、彼は医学や心理学の専門的教育は受けていない。EFTは思考場療法から派生したものである[1]。エモーショナル・フリーダム・テクニック、感情解放テクニックとも呼ばれる。

内容[編集]

提唱者によれば、EFTの技術は幅広い感情の問題の治療に用いることができるという[2]。患者はまずリッカート尺度による感情的な反応の強さを評価する。次に、胸部の特定の箇所をこすりながら、さまざまな事柄への肯定を繰り返す。それから「リマインダーフレーズ」と呼ばれる文章を大声で読み上げながら、経穴にタッピングする。最後に、感情の強さを再測定して治療は終わる[1]

研究[編集]

2003年に、レスブリッジ大学オカナガン大学の研究者たちが発表した、統制された臨床研究によって、EFTの恐怖や不安を軽減する効果は、「より伝統的な治療法と共通の要素」によるものだと結論された。タッピングは気持ちを逸らす役割があり、経穴をタッピングしても、あるいは任意の場所や人形をタッピングしても同様の効果が得られた[3]

2011年にはEFTをEMDR(眼球運動による脱感作および再処理法)と比較するランダム化試験が行われた。どちらの処置を受けたグループにも似たような改善が見られたが、大きな臨床的変化のあった患者の割合は、EMDRのほうが少し高かった。著者たちは、EFTには「思弁的な性質」があるため、この療法の効果がどのような要素によるのか、さらに研究することを提言している[4]。この試験には対照群もプラセボ群も含まれておらず、EMDRの効果と科学的根拠についてはまだ議論が行われている[5][6][7][8]

EFTに肯定的な発見を報告した研究は、Counseling and Clinical Psychology[9]や、International Society for the study of Subtle Energies & Energy Medicine Journal [10][11][12]に発表されたものや、Daniel J. Benorらによって行われた[13]か、Wells Sらによる[14]ものがある。

批判[編集]

Skeptical Inquirer誌は、反証可能性の欠如、事例証拠への依拠、インターネットと口コミによる積極的な宣伝を理由に、EFTを疑似科学に分類している[15]。EFTの創始者ゲアリー・クレイグは、経穴のタッピングは経路のエネルギーの流れを操作し、混乱を解放するのだと主張している。鍼師が用いる経穴のなかにはEFTでは用いられないものもたくさんあり、そのような経穴をタッピングすることは偶発的効果を引き起こすかもしれないと示唆されている。懐疑主義者は、そのような議論はEFTを科学的方法によって検証できないものにしているので、いくら有用だと考える者がいようと、疑似科学に分類するべきだと主張している[15]。EFTがうまくいくのは、ツボをタッピングすることによる仮想の「エネルギー経路」の操作ではなく、「より伝統的な治療法と共通する特徴」によるという考えもある。経穴や経路の解剖学組織学的根拠はまったく知られていない[16]。プラセボ群を用いたEFT仮説の検証によると、プラセボ群はEFTの標準的方法に従って処置を受けた患者と同程度のよい変化を示す[3]オリバー・バークマン2007年に、複雑な順序で体をタッピングする動作に気持ちを逸らす効果があり、そのために根本的なストレスを緩和するように見える可能性があると示唆した[17]

脚注[編集]

  1. ^ a b Craig, G (nd) (pdf). EFT Manual. http://www.spiritual-web.com/downloads/eftmanual.pdf 2011年5月3日閲覧。. 
  2. ^ Feinstein, D (2008). “Energy Psychology: A Review of the Preliminary Evidence”. Psychotherapy: Theory, Research, Practice, Training, 45 (2): 199–213. ISSN 0033-3204. http://www.apa.org/pubs/journals/pst/. 
  3. ^ a b Waite WL & Holder MD (2003). “Assessment of the Emotional Freedom Technique: An Alternative Treatment for Fear”. The Scientific Review of Mental Health Practice 2 (1). http://www.srmhp.org/0201/emotional-freedom-technique.html. 
  4. ^ Karatzias T, Power K, Brown K, et al. (June 2011). “A Controlled Comparison of the Effectiveness and Efficiency of Two Psychological Therapies for Posttraumatic Stress Disorder: Eye Movement Desensitization and Reprocessing vs. Emotional Freedom Techniques”. J. Nerv. Ment. Dis. 199 (6): 372–8. doi:10.1097/NMD.0b013e31821cd262. PMID 21629014. 
  5. ^ Kenneth Fletcher; Ricky Greenwald, PRO and CON -- Eye Movement Desensitization and Reprocessing, http://users.umassmed.edu/Kenneth.Fletcher/emdr.html 2011年3月1日閲覧。 
  6. ^ R.H. Coetzee; Stephen Regel. “Eye movement desensitisation and reprocessing: an update”. Advances in Psychiatric Treatment 11: 247–354. http://apt.rcpsych.org/cgi/reprint/11/5/347.pdf. 
  7. ^ Eye Movement Desensitization and Reprocessing - EMDR”. 2011年3月1日閲覧。
  8. ^ Herbert, J.; Lilienfeld, S.; Lohr, J.; Montgomery, R.; O'Donohue, W.; Rosen, G.; Tolin, D. (2000), “Science and pseudoscience in the development of eye movement desensitization and reprocessing: implications for clinical psychology”, Clinical psychology review 20 (8): 945–971, doi:10.1016/S0272-7358(99)00017-3, PMID 11098395  編集
  9. ^ Rowe, JE (2005). “The Effects of EFT on Long-Term Psychological Symptoms”. Counseling and Clinical Psychology 2 (3): 104–111. ISSN 1545-4452. http://www.psychologicalpublishing.com/. 
  10. ^ Swingle P; Pulos; Swingle M (2005). “Psychological Neurophysiological Indicators of EFT Treatment of Post-Traumatic Stress”. International Society for the study of Subtle Energies & Energy Medicine Journal 15 (1). http://www.issseem.org/storejournals_detail.cfm?articleid=203. 
  11. ^ Brattberg G (2008). “Self-administered EFT (Emotional Freedom Techniques) in Individuals With Fibromyalgia: A Randomized Trial”. Integrative Medicine 7 (4). 
  12. ^ Church D; Geronilla L; Dinter I (2009). “Psychological symptom change in veterans after six sessions of Emotional Freedom Techniques (EFT): an observational study”. The International Journal of Healing and Caring 9 (1). http://www.wholistichealingresearch.com/jan_2009_v9_n1.html. 
  13. ^ Daniel J. Benor, Karen Ledger, Loren Toussaint, Geoffrey Hett and Daniel Zaccaro (2009). “Pilot Study of Emotional Freedom Techniques, Wholistic Hybrid Derived From Eye Movement Desensitization and Reprocessing and Emotional Freedom Technique, and Cognitive Behavioral Therapy for Treatment of Test Anxiety in University Students”. EXPLORE: the Journal of Science and Healing 5 (6): 338–340. doi:10.1016/j.explore.2009.08.001. PMID 19913760. http://www.sciencedirect.com/science?_ob=ArticleURL&_udi=B7MF9-4XP1RHH-9&_user=122861&_rdoc=1&_fmt=&_orig=search&_sort=d&_docanchor=&view=c&_acct=C000010080&_version=1&_urlVersion=0&_userid=122861&md5=8c4595637598da2efce5e65c8aab7ba1. 
  14. ^ Wells S, Polglase K, Andrews H, Carrington P, Baker A (2003). “Evaluation of a meridian-based intervention, Emotional Freedom Techniques (EFT), for reducing specific phobias of small animals”. J Clin Psychol 59 (9): 943–66. doi:10.1002/jclp.10189. PMID 12945061. 
  15. ^ a b Brandon A. Gaudiano and James D. Herbert (2000). “Can we really tap our problems away?”. Skeptical Inquirer 24 (4). http://www.csicop.org/si/show/can_we_really_tap_our_problems_away_a_critical_analysis_of_thought_field_th/. 
  16. ^ Felix Mannによれば、「(前略)経穴は、酔っ払いが目の前に見る黒い点と同様に実在しない」(Mann F. Reinventing Acupuncture: A New Concept of Ancient Medicine. Butterworth Heinemann, London, 1996,14.) Matthew Bauer in Chinese Medicine Times, Vol 1 Issue 4 - Aug 2006, "The Final Days of Traditional Beliefs? - Part One"より引用。
  17. ^ Oliver Burkeman (2007年2月10日). “Help yourself”. The Guardian. http://lifeandhealth.guardian.co.uk/wellbeing/story/0,,2009525,00.html 2009年6月29日閲覧。 

外部リンク[編集]