Cレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第二次世界大戦時に支給されたCレーション

Cレーション(シーレーション、英:C-ration)とは、アメリカ軍第二次世界大戦から1980年代にかけて製造、配給したレーション(戦闘糧食)である。頭文字の C は、駐屯地給食用の未調理生鮮食材である Aレーション、同じく包装済み未調理食材である Bレーション の次に区分されるレーションを意味する。正式名は“Meal, Combat Individual(個人用戦闘糧食)”。MCIレーションと呼ばれることもある。

概要[編集]

CレーションのBユニット(1941年)
缶詰の中にビスケットなどが入っている。

それぞれのレーションは缶で供給された。装備も含めると極端な重さになったが食糧を放棄するわけにもいかず、兵士達は苦労したという。また、B2ユニット "B2 Unit" には、チーズクラッカーキャンディー・缶入りデザートと付属品パックが付いていた。付属品パックは、P-38缶切り、ホット飲料、塩・砂糖のパック、プラスチック製スプーン、チューインガム、4本入りたばこパック、トイレットペーパー数枚という構成であった(改良と年次で構成は異なる)。完全なCレーションの組み合わせを完食すると、1,200kカロリーを得ることができた。

健康問題により、1975年にたばこが付属パッケージから除外された。また、1983年からMREレーションが配給されはじめ、Cレーションは段階的に廃止された。

内容物[編集]

朝鮮戦争当時のCレーションの内容物を下記に示す(製造年月は1954年3月のもの)

  • 取扱説明書(Instruction Sheet) 1枚
  • チーズバー(Cheese bars、1.5オンス=42.5g) 2本
  • シリアル・クラス5(Cereal Class 5、1.5オンス=42.5g) 2枚
  • タイプ12スタイル1・エンリッチ・チョコレートバー(Type XII Style 1 Enriched chocolate bar、1オンス=28.3g) 3本
  • ゼリーバー(Jelly Bar、2オンス=56.7g) 1本
  • フルーツケーキバー(Fruit Cake Bars、2オンス=56.7g) 2本
  • トップス・ペパーミント味チューインガム(Topps peppermint chewing gum) 3枚
  • ドミノ・砂糖パック(Domino sugar packets) 3つ
  • ネッスル・即席紅茶(Nestea soluble tea product) 2つ
  • 可溶性砂糖(Pure soluble sugar) 1つ
  • 可溶性クリーム(Soluble cream product) 1つ
  • ビン用水浄化剤(ヨウ素)(Bottle water purification tablet, Individual, Iodine) 1個
  • ビニール袋(Plastic bag) 1枚

関連項目[編集]

外部リンク[編集]