A.J.クラウチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エイドリアン・ジェイムズ・クラウチAdrian James Croce1971年9月28日 - )は、アメリカ合衆国シンガーソングライター

同じくシンガーソングライターのJim CroceIngrid Croceの息子。

来歴[編集]

1973年の飛行機事故により父親を失う少し前に、クロウチ一家はカリフォルニア州サンディエゴに転居した。その後そこで母親と暮らすこととなる。

4歳の時点では脳腫瘍により彼は完全に盲目であったが、10歳になるにつれ彼の左目は徐々に視力を回復していった。しかし、人生において困難なこの時期に彼はスティービー・ワンダーレイ・チャールズの音楽との出会いによって感化され、ラジオやレコードから流れる曲に合わせてピアノを弾くことを覚える。

12歳の時に初めてパーティーのステージに立った彼は、16歳の時には定期的にサンディエゴのナイトクラブでバンドリーダーやヘルプとして演奏をするようになっていた。(初めてのパフォーマンスでは$20の報酬を受け取った。)

日本ではFRISKのCMにHung Up(on you)が起用されたことで知られる。

ディスコグラフィー[編集]

  • A. J. Croce (1993)
  • That's Me in the Bar (1995)
  • Fit to Serve (1998)
  • Transit (2000)
  • Adrian James Croce (2004)
  • Early On - The American Recordings 1993-1998 (2005)
  • Cantos (2006)
  • Cage of Muses (2009)
  • Twelve Tales (2014)

外部リンク[編集]