4M

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

4M

機械加工の現場における4M[編集]

機械加工による生産の4要素

  • 人 (Man)
  • 機械 (Machine)
  • 材料 (Material)
  • 方法 (Method)

である。4Mの投入に対して、より高いPQCDSMを得ることが製造業の目標となる。4Mに基づいた品質管理を4M管理と呼ぶ。工程内で大量の不具合が発生した場合、このいずれかが変化している事が多い為、量産加工を行う会社では、必須事項として求められる。

事故の原因分析・対策検討時に用いられる4M[編集]

事故や災害の原因分析や対策検討の際に要因を人 (Man)、機械 (Machine)、媒体又は環境 (media)、管理 (management) の4つのジャンルに整理する事により原因の本質を捉えやすくなり、4M分析と呼ばれる手法も用いられている。

  • manは本人及び本人以外の直接関与した人のヒューマンファクタに関与する要因
  • machineは設備、機械等のハード的な因子が関与した要因
  • mediaは作業環境、マニュアル、作業情報といった、主としてmanとmachineの媒体となるものが関与した要因
  • managementは管理システム、方法が関与した要因をいう。

事故や災害を防止する上で管理すべき対象として、機械加工の現場における4Mと同様、「人 (Man)、機械 (Machine)、取り扱い物質 (Material)、方法 (Method)」として扱う場合もある。

その他の4M[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「4M」と呼ばれていた当時。現存は1店舗。