2006 HH123

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「2006 HH123」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
2006 HH123
分類 太陽系外縁天体[1]
軌道の種類 散乱円盤天体[2]
海王星横断小惑星
発見
発見日 2006年4月26日[1]
発見者 Marc W. Buie
軌道要素と性質
元期:TDB 2453840.5 (2006年4月15.0日)[1]
軌道長半径 (a) 55.7092721 AU[1]
近日点距離 (q) 29.8745930 AU[1]
遠日点距離 (Q) 81.5439512 AU[1]
離心率 (e) 0.4637411[1]
公転周期 (P) 151876.3051870 日[1]
(415.81 年[1])
軌道傾斜角 (i) 044.14176 度[1]
近日点引数 (ω) 000.35134 度[1]
昇交点黄経 (Ω) 240.14458 度[1]
平均近点角 (M) 359.97371 度[1]
前回近日点通過 JED 2453851.5911891[1]
(2006年4月26日[1])
次回近日点通過 JED 2605727.8963761
(2422年2月20日)
物理的性質
直径 401 km[2]
絶対等級 (H) 5.2[1]
別名称
別名称
2006 HH123[1]
K06HC3H[3]
■Project ■Template

2006 HH123とは、散乱円盤天体に属する太陽系外縁天体の1つである[1]

2006 HH123 は、2006年4月26日にMarc W. Buienによって発見された。しかし、発見翌日の27日までの、計3回の観測以降は行方不明となっている[1][3]。2014年現在行方不明となっている小惑星としては最も大きな天体である。2006 HH123 より推定直径の大きかった 2004 PR107 は、2012年になって 2012 SQ31 として再発見され、2009年に観測された 2009 YS20 と同一であることが確かめられたため、2006 HH123 が最大となった[2][4]

絶対等級は5.2等級であり、推定される直径は約401kmである[2]。これは準惑星に選ばれうる大きさであるため、準惑星の候補の1つにあげられている。

出典[編集]

[ヘルプ]