2004 XP14

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「2004 XP14」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
2004 XP14
仮符号・別名 2004 XP14
分類 地球近傍小惑星(PHA)
軌道の種類 アポロ群
発見
発見日 2004年12月10日
発見者 LINEAR
軌道要素と性質
元期:2008年5月14日 (JD 2,454,600.5)
軌道長半径 (a) 1.052 AU
近日点距離 (q) 0.885 AU
遠日点距離 (Q) 1.218 AU
離心率 (e) 0.158
公転周期 (P) 1.08 年
軌道傾斜角 (i) 32.95
近日点引数 (ω) 273.69 度
昇交点黄経 (Ω) 281.07 度
平均近点角 (M) 330.79 度
物理的性質
直径 410 - 920 m
絶対等級 (H) 19.468
■Project ■Template

2004 XP14は、2004年12月10日リンカーン研究所の掃天観測によって発見された地球近傍小惑星の一つである。正確なサイズは判明していないが、明るさから410から920mだろうと推測されている。小惑星番号はまだない。

概要[編集]

発見された当初、この小惑星21世紀の終わり頃に地球衝突する可能性が指摘され、監視が必要かもしれないと考えられていたが、後の詳細な解析により予測可能な将来において地球に危害を及ぼす可能性は否定されている。しかしながら、推測されたサイズと地球に近い軌道から「潜在的に危険な小惑星」(PHA)として分類されている。

2006年7月3日4:25 (UT)、2004 XP14は地球から432,308 km(0.00289天文単位、月の公転半径の1.1倍)の位置を通過した。この時の明るさはおよそ11等級、見かけの速さは1日あたり102°にも達した。

外部リンク[編集]