(136617) 1994 CC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(136617) 1994 CC
1994CC-with-moons.gif
1994 CC と衛星
仮符号・別名 1994 CC
分類 地球近傍小惑星
(PHA)
軌道の種類 アポロ群
火星横断
発見
発見日 1994年2月3日
発見者 スペースウォッチ
軌道要素と性質
元期:2012年9月30日 (JD 2,456,200.5)
軌道長半径 (a) 1.638 AU
近日点距離 (q) 0.954 AU
遠日点距離 (Q) 2.321 AU
離心率 (e) 0.417
公転周期 (P) 2.10
軌道傾斜角 (i) 4.68
近日点引数 (ω) 24.75 度
昇交点黄経 (Ω) 268.61 度
平均近点角 (M) 194.70 度
衛星の数 2
物理的性質
直径 650 - 700 m
自転周期 2.3886 時間
絶対等級 (H) 17.671 ± 0.475
アルベド(反射能) 0.3?
■Project ■Template

(136617) 1994 CC は、アポロ群の小惑星。1994年にキットピーク天文台のスペースウォッチ・プログラムで、ジェイムズ・スコッティによって発見された[1]

2009年6月10日に、1994 CC は地球から252万kmにまで接近した。その直後の6月12日と14日に、ジェット推進研究所のマリナ・ブロゾヴィックとランス・ベンナーに率いられた科学者チームがゴールドストーン天文台のレーダーで観測を行い、2個の衛星を発見した。それまでこの小惑星について科学者たちが知っていたことは非常に少なかったが、これによって三重系であることがわかった2個目の地球近傍小惑星となった。なお、2009年までにレーダー観測が行われた地球近傍小惑星のうち、三重系だったのはわずか1パーセントである[2]

ゴールドストーン天文台のチームと、アレシボ天文台のマイク・ノーランに率いられたチームの観測によって、1994 CC の主星と2つの衛星のおよその大きさはわかっており、観測データを組み合わせることによってさらに軌道や物理学的な特性についても研究されることになっている。

1994 CC が次に地球から250万km以内を通過するのは2074年である。

1994 CC の衛星が移動している様子
(136617) 1994 CC の衛星
名前 直径
(m)
軌道
傾斜角
(度)
離心率 軌道
半長径
(km)
公転
周期
(時間)
S/2009 (136617) 1 50  ?  ? 0.5 ~5?
S/2009 (136617) 2 100  ?  ? 1.2 ~20?

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Spacewatch Discoveries for 1994” (English). Spacewatch NEO Detections by Year. University of Arizona (2009年8月22日). 2009年9月21日閲覧。 “Spacewatch Discoveries for 1994.”
  2. ^ Triple Asteroid System Triples Observers' Interest” (English). NASA (2009年8月6日). 2009年9月21日閲覧。 “Radar imaging at NASA's Goldstone Solar System Radar on June 12 and 14, 2009, revealed that near-Earth asteroid 1994 CC is a triple system.”

外部リンク[編集]