高調波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

高調波(こうちょうは)とは、ある周波数成分をもつ波動に対して、その整数倍の高次の周波数成分のことである。音楽および音響工学分野では倍音と呼ぶ。 元々の周波数を基本波、2倍の周波数(2分の1の波長)を持つものを第2高調波、さらに n 倍の周波数(n 分の1の波長)を持つものを第 n 高調波と呼ぶ。無線などの発振回路で、必要な周波数の1/nの基本波の発振(原発振、略して原発とも)から、意図的に歪み特性を持った回路を通して、高調波として目的の周波数の信号を発生させることを(周波数)逓倍(frequency) multiplication)と言う(PLLによってn倍の周波数の信号を得ることも逓倍と言う)。

無線工学では、無線機から送信する電波に混じる、目的の信号以外の、主に高調波(および低調波)からなる成分を、スプリアスと呼ぶ。スプリアスの強度は電波法により制限されている。通常スペクトラムアナライザを使って計測する。

対語[編集]

  • 低調波 - ある周波数成分をもつ波動に対して、その整数分の1の周波数成分のことである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]