骨傘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「骨傘」

骨傘(ほねからかさ)は、鳥山石燕の『百器徒然袋』に描かれる日本妖怪の一種で、唐傘の妖怪。

傘布が剥がれて骨ばかりとなった古い唐傘が、鳥のように宙を舞う姿で描かれている。妖怪漫画家・水木しげるの説によれば、古びた傘が温度と湿り気によってこの妖怪となり、踊りだすともいう[1]

また『百器徒然袋』の解説文中では「北海に鴟吻と言へる魚あり かしらは龍のごとく からだは魚に似て 雲をおこし雨をふらすと このからかさも雨のゑんによりてかかる形をあらはせしにやと 夢のうちにおもひぬ」と述べられているが、鴟吻(鴟尾)は日本におけるの原型とされ、雨を呼ぶ火災よけの呪物とされており、石燕は雨から傘を連想して骨傘を描いたとの説もある[2]

からかさ小僧に相当する妖怪[3]、または付喪神(器物が歳月を経て妖怪と化したもの)の一種との解釈もある[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 水木しげる 『ゲゲゲの鬼太郎 誕生編』 講談社〈KCデラックス〉、1996年、口絵。ISBN 978-4-06-319746-4
  2. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、308頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  3. ^ 京極夏彦 『妖怪の理 妖怪の檻』 角川書店〈KWAI BOOKS〉、2007年、384頁。ISBN 978-4-04-883984-6
  4. ^ 多田克己 『幻想世界の住人たち』IV、新紀元社Truth In Fantasy〉、1990年、303頁。ISBN 978-4-915146-44-2

関連項目[編集]